エディション:
日本

特集 5GめぐるIT冷戦

5G、米中日韓で普及へ 欧州は出遅れ=調査

5G、米中日韓で普及へ 欧州は出遅れ=調査

GSMAインテリジェンスの調査によると、第5世代(5G)モバイル通信規格は中国、米国、日本、韓国で普及が進み、2025年までには4カ国のユーザーが世界全体の半分以上を占める見通し。

中国、カナダ政府にファーウェイ幹部の帰国要求

中国、カナダ政府にファーウェイ幹部の帰国要求

中国外務省の耿爽報道官は6日の定例記者会見で、カナダ政府に対し、同国で拘束された通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL] の孟晩舟最高財務責任者(CFO)の即時帰国を求めた。

中国の半導体国産化に暗い影
グラフィックス

モバイル端末関連

決済サービス「フェイスブックペイ」、米国で今週開始へ

米フェイスブックは12日、決済サービス「フェイスブックペイ」の提供を開始すると発表した。フェイスブックペイにより、ワッツアップやインスタグラムなどのユーザーはアプリを終了することなく決済を完了することが可能になる。

米アップルのNASDAQ株価

韓国サムスン電子の株価

Photo

特別リポート:「可能なら辞任する」、香港トップが明かした胸の内

[香港 2日 ロイター] - 香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が先週、実業家グループとの非公開会合で、香港の政治危機を巡り「言い訳のできない大混乱」を引き起こしたとし、選択肢があるなら辞任すると話していたことが分かった。録音された発言をロイターが確認した。 | ビデオ

Photo

特別リポート:米中対立の最前線ポーランド、華為「スパイ」事件を追う

[ワルシャワ 2日 ロイター] - 今年1月の冷え込みの厳しい朝、ポーランドの国内公安機関(ISA)がワルシャワのアパートの一室に立ち入った。彼らは写真や電子機器を没収、アパートに住む外国人ビジネスマンを逮捕した。

Photo

特別リポート:乱立する「国境の壁」資金調達、寄付金の行方は不透明

[ワシントン 3日 ロイター] - 米国のトランプ大統領が看板政策として選挙公約に掲げていたのは、メキシコとの国境に「壁」を築くという構想だった。だがその夢は、相手国メキシコとの議論や、政府予算に影響力を持つ民主党議員からの反対を受け、泥沼にはまっている。

Photo

特別リポート:憂色深まる黒田日銀 財政との一体化にリスクも

[東京 18日 ロイター] - 昨年4月9日の午後、再任の辞令を受けるため首相官邸を訪れた黒田東彦日銀総裁は、にこやかに出迎えた安倍晋三首相と握手を交わし、報道各社のカメラに収まった。

ニュース一覧

ファーウェイ、第3四半期に中国スマホ市場シェア拡大=調査会社

ファーウェイ、第3四半期に中国スマホ市場シェア拡大=調査会社

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]が第3・四半期に国内スマートフォン市場でシェアを拡大したことが、30日に公表された調査会社カナリスのデータで明らかになった。米国の制裁に直面する同社への支持が国内消費者の間で広がった。

ポスト5G通信技術、日の丸勢の挽回を議論=未来投資会議

ポスト5G通信技術で国家プロジェクト、首相が検討指示=未来投資会議

政府は29日、「未来投資会議」でポスト5Gと呼ばれる次々世代通信技術で日本企業の競争力を確保する方策を議論した。次世代の5G(第5世代通信技術)では中国勢が世界の先端を走っており、巻き返しのため政府として国家プロジェクトを立ち上げる方針を示した。地銀・バス会社の再編や高齢者向け自動車運転技術の開発などと共に、来夏に取りまとめる成長戦略に盛り込む方針だ。

テクノロジー

ロイターニュースランキング