エディション:
日本

対ロイター訴訟、ユニバーサルの敗訴確定 最高裁が上告棄却

2017年 07月 22日

[東京 22日 ロイター] - ユニバーサルエンターテインメントから多額の資金が流出したと報じたロイターの記事で名誉を傷つけられたとして、ユニバーサルがトムソン・ロイターに損害賠償や記事の削除などを求めていた訴訟で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は19日付でユニバーサルの上告を棄却し、上告審として受理しない決定を下した。これによりユニバーサルの訴えを退けた1審、2審の判決が確定、同社の敗訴が決まった。記事の全文

Photo

コラム:ヤフー化の道を歩むウーバー 2017年 07月 22日

[ニューヨーク 20日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米ネット検索大手だったヤフーは、先駆者として登場したが、最終的にはただの持ち株会社に落ち着いた。米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]もその道をたどり始めたかにみえる。

Photo

焦点:欧州企業が「守り」から脱却、設備投資が活発化 2017年 07月 22日

[ロンドン 20日 ロイター] - 欧州企業は今、設備投資の前年比伸び率が世界で最も高い。手元に潤沢な現金を保有している上に、何年も続けてきた守りの姿勢から脱却しつつあるからだ。

Photo

焦点:米ゴールドマン決算、取引収益悪化は業界の縮図 2017年 07月 22日

[20日 ロイター] - 米大手銀はここ数年、自己勘定取引からマーケットメークに事業の軸足を移すため、多大な金銭的、人的資源を投じてきたが、それでも相場が思わぬ方向に動くと大幅損失を免れない。ゴールドマン・サックスが今週発表した第2・四半期決算が好例だ。

Photo

アングル:皇太子が電撃交代、サウジ王室「内紛」の舞台裏 2017年 07月 22日

[19日 ロイター] - 過去20年にわたって、サウジアラビアの安全保障・治安部門トップの座にあり、王位継承第1位の皇太子だったムハンマド・ビン・ナエフ氏が先月20日、メッカにある王宮4階に呼ばれ、サルマン国王に謁見した。

Photo

アングル:トランプ政権半年、8人に1人が「今なら投票せず」 2017年 07月 22日

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 昨年11月の米大統領選でドナルド・トランプ候補に投票した有権者の約8人に1人が、トランプ氏大統領就任後の6カ月の混乱を目の当たりにし、再び同氏に投票するかは分からないと、ロイター/イプソスの調査で回答した。

Photo

スパイサー米大統領報道官が辞任、スカラムチ氏が新広報部長に  2017年 07月 22日

スパイサー氏の突然の辞任表明は、トランプ陣営とロシアの癒着疑惑を巡る調査が拡大する中、トランプ氏側近内の混迷を浮き彫りにしている。

米国株は小幅安、GEやエネルギー株が安い ハイテク株にも売り 2017年 07月 22日

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米国株式市場は小幅安。米ゼネラル・エレクトリック(GE)の低調な決算が嫌気されたほか、エネルギー株は原油安に追随する格好で下落した。連日最高値を更新していたハイテク株にも売りが出た。

ドル下落、ECB引き締め観測・米政策運営懸念が重し=NY市場 2017年 07月 22日

[ニューヨーク 21日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ドル指数が約1年ぶりの水準に低下した。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が前日、ユーロ高について懸念を表明しなかったことに加え、トランプ米政権の政策運営に対する懸念が払しょくされていないことが重しとなった。

Photo

トランプ氏長男と弁護士の面会、特別検察官が記録保全要請 2017年 07月 22日

[ワシントン/ニューヨーク 21日 ロイター] - トランプ米大統領の長男、ドナルド・トランプ・ジュニア氏とロシア人弁護士が昨年面会した件で、ロバート・モラー特別検察官がホワイトハウス当局者らに対し、記録の保全を求めていたことが、関係筋の話で分かった。

トップセクション