エディション:
日本

特集 高まる貿易戦争リスク

日本、対韓輸出管理巡るWTOパネル設置に遺憾表明

日本、対韓輸出管理巡るWTOパネル設置に遺憾表明

世界貿易機関(WTO)は29日、韓国が日本による輸出管理厳格化を提訴していた事案について、第一審に当たる紛争処理委員会(パネル)を設置した。日本の経済産業省は30日、WTOのパネル設置に遺憾を表明した。

WTO、次期事務局長決定までの代行任命しない公算=関係者

WTO、次期事務局長決定までの代行任命しない公算=関係者

世界貿易機関(WTO)は、8月末にアゼベド事務局長が1年の任期を残して退任した後、正式な後任が決まるまでの暫定的な事務局長を任命しない公算が大きい。米国が自国出身の事務次長を事務局長代行に就任させるよう「ごり押し」したため、収拾が付かなくなったもようだ。事情に詳しい複数の関係者が29日明らかにした。

米財貿易赤字、6月は6.1%減 世界貿易量の改善示唆

米財貿易赤字、6月は6.1%減 世界貿易量の改善示唆

米商務省が29日公表した6月の財(モノ)の貿易収支(速報値)は、赤字額が6.1%減の706億4100万ドルだった。数カ月減少していた輸出が持ち直し、赤字が縮小した。貿易が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により世界的に低迷した後、回復していることを示唆した。

米国ニュース

中国ニュース

Photo

特別リポート:急拡大する中国「海兵隊」、権益確保へ世界展開

[香港 20日 ロイター] - 中国が1990年代半ばに軍事力拡大に乗り出した時点で、最優先目標に掲げていたのは、本土沿岸に接近する米軍を徹底的にたたく戦力を整えることだった。だが今や、人民解放軍は世界各地で米国の力に挑戦するための準備を進めつつある。

Photo

特別リポート:イランのミサイル開発に新事実、アルミ粉末計画の内幕

[ロンドン 24日 ロイター] - イラン北東部、北ホラーサーン州の砂漠の端に、アルミニウム工場が建っている。近くには国内最大のボーキサイト鉱床。イラン政府はこの施設群について、アルミニウムの生産拡大に向けた取組みの重要な柱とうたっている。

Photo

特別リポート:なぜブラジルは「コロナ感染大国」に転落したのか

[サンパウロ/リオデジャネイロ 26日 ロイター] - 3月中旬、ブラジルは感染の足音が聞こえ始めていた新型コロナウイルスに先制攻撃を加えた。保健省はクルーズ船の運航停止を命じ、地方自治体に大規模イベントの中止を要請した。海外からの旅行者には1週間の自主隔離を呼びかけた。

Photo

特別リポート:批判覚悟で中国称賛、WHOテドロス氏の苦悩と思惑

[15日 ロイター] - 1月末、慌ただしい北京訪問からスイスのジュネーブに戻った世界保健機構(WHO)のテドロス事務局長は、中国指導部による新型コロナウイルスへの初期対応をはっきり称賛したいと考えていた。だが、当時の状況を知る関係者によると、テドロス氏は複数の側近からトーンを落とすべきだと進言された。

アフリカ大陸自由貿易圏、所得引き上げ貧困削減へ=世銀

アフリカ大陸自由貿易圏、所得引き上げ貧困削減へ=世銀

世界銀行は27日、新型コロナウイルスの影響で運用開始が遅れているアフリカ全体を共通市場にするアフリカ大陸自由貿易圏(AfCFTA)構想について、実現すれば所得の拡大が期待でき、数千万人を貧困から救えるとの見方を示した。

コラム:日本の貿易赤字膨張、円安材料になるか 「実験」始まる

コラム:日本の貿易赤字膨張、円安材料になるか 「実験」始まる

最近のドル/円<JPY=EBS>はすっかりボックス相場になり、市場関係者もそれに慣れきっているようだ。本質的な要因のクリアな分析はあまりないが、日米金融政策の「同質化」が大きな影響を及ぼしているのではないかと筆者はみている。ドル/円の需給状況が大きな要素として浮上する可能性があるが、足元で日本の貿易赤字膨張という大きな変化が生じている。これがどこまでの円安要因になるのか、これまでの経験則とは異なる「実験」が始まる。

英EU、FTA交渉で溝埋まらず バルニエ氏「合意の公算低い」

英EU、FTA交渉で溝埋まらず バルニエ氏「合意の公算低い」

ロンドンで今週行われた英国とEUの自由貿易協定(FTA)締結交渉では、公正な競争や漁業権などを巡る溝を埋めることができず、EUのバルニエ首席交渉官は23日、現時点で合意に達する「可能性は低い」と述べた。一方、英交渉責任者のフロスト氏は9月中の締結は可能と期待をつないだ。

グリアOECD事務総長、今期限りで退任 WTO事務局長ポスト狙う

グリアOECD事務総長、今期限りで退任 WTO事務局長ポスト狙う

経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長は10日、ツイッターで、今期限りで退任する考えを表明した。任期満了となる2021年6月まで職務を続ける意向だという。この動きは明らかに世界貿易機構(WTO)事務局長選で、メキシコ出身候補者の当選の可能性を上げるためのものとみられている。

ロイターニュースランキング