エディション:
日本

特集 高まる貿易戦争リスク

米国ニュース

中国ニュース

各国の国際収支
各国の国際収支
写真

最強ドイツの泣き所

欧州最強の経済大国ドイツだが、デジタル時代への適応が進まず悪戦苦闘している。  記事の全文 

写真

iQOSで喫煙データ収集

加熱式たばこiQOSの、喫煙者にはそれほど恩恵をもたらさない機能とは。  記事の全文 

写真

余剰プルトニウム問題

テキサス州の工場では、多くの作業員が手作業で米国産業で最も危険な仕事に従事している。  記事の全文 

写真

記者が旅した北の国境

中国と北朝鮮の国境地帯だを旅したロイター記者が目撃したものは。  記事の全文 | 関連記事 

写真

ロヒンギャの惨劇

縛られ、拘束された10人のロヒンギャの男たちは、すぐそばで浅い墓穴を掘る隣人の仏教徒たちを見つめていた。  記事の全文 

米、非関税障壁でも日本に攻勢

米、非関税障壁でも日本に攻勢

 米通商代表部(USTR)は16日(米東部時間)、日本との貿易交渉入りを議会に通知した文書で、自動車や農産品に加えて物品以外の「サービス」を重要分野に挙げた。物の関税だけでなくビジネスを妨げる「非関税障壁」の撤廃でも攻勢をかける意図がある。明記はしなかったが、包括的な自由貿易協定(FTA)の実現を狙う構えを色濃く映し出した。

北米新貿易協定、地域の保護主義強化はメキシコに恩恵=交渉官

北米新貿易協定、地域の保護主義強化はメキシコに恩恵=交渉官

北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる「米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」について、メキシコ次期政権の首席交渉官を務めたヘスス・セアデ氏は、新協定は北米地域全体の保護主義を強める内容で、メキシコはその最大の恩恵を受けることになるとの見方を示した。

具体的交渉これから、簡単ではない=日米通商協議で菅官房長官

具体的交渉これから、簡単ではない=日米通商協議で菅官房長官

菅義偉官房長官は17日午前の会見で、日米通商協議について「具体的交渉はこれからで、決して簡単な交渉ではないと思う」との認識を示した。その上で菅官房長官は「日米首脳会談の共同声明に沿って攻めるべきところは攻め、守るべきところは守り、国益にかなう形で交渉したい」と述べた。

米、対日貿易交渉を通知

米、対日貿易交渉を通知

 【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)は16日、日本と貿易協定締結に向けた交渉に入ると議会に通知したと発表した。自動車や農産品、サービス分野で日本の市場開放が不十分と指摘し、関税の引き下げや非関税障壁の撤廃を求めていく方針を示した。来年1月中旬にも正式な交渉が始まる見通しになった。日本が守りたい農業分野や、米側が求める為替条項の導入を巡って厳しい攻防になりそうだ。欧州連合(EU)、英国とも、それぞれ交渉入りすると通知した。

米USTR、日英EUと通商協議開始する方針を議会に通達

米USTR、日英EUと通商協議開始する方針を議会に通達

米通商代表部(USTR)は16日、日本のほか、欧州連合(EU)、および英国と通商協議を開始する方針を議会に伝えた。ロイターが入手した書簡で明らかになった。政府はUSTRが議会に通達してから90日以降に交渉が可能になる。

独ZEW景気期待指数、10月は予想以上の悪化 米中貿易摩擦で

ドイツの欧州経済センター(ZEW)が発表した10月の独ZEW景気期待指数は、予想以上に悪化した。米中貿易摩擦の激化や英国の合意なき欧州連合(EU)離脱(ハードブレグジット)に対する懸念で先行きが不透明になっていることが背景。

ロイターニュースランキング