エディション:
日本
放送を一時中断することがあります。

特集 政局の行方

コラム:「安い」日本と円の「実質実効為替レート」低下、何を象徴するのか=唐鎌大輔氏

コラム:「安い」日本と円の「実質実効為替レート」低下、何を象徴するのか=唐鎌大輔氏

[東京 17日] - 国内の新聞・雑誌メディアでは、最近になって「安い日本」が頻繁に特集されている。9月16日の日本経済新聞は「iPhone価格、10年で3倍の19万円 日本人平均月収の6割」と題し、新しいiPhoneの値段が日本人にとって高騰している事実を報じていた。

コラム:自民総裁候補4人の政策、低成長・賃金低迷の打破は可能か

コラム:自民総裁候補4人の政策、低成長・賃金低迷の打破は可能か

自民党総裁選が17日に告示され、29日に新総裁が決まる。立候補した4人のこれまでの発言を聞いて「腑に落ちない」ところがあった。それは、0.5%にまで落ち込んだ潜在成長率に代表される低成長や伸びない賃金への危機感が強くなかったことだ。「低成長と低迷する賃金」というクモの巣にからめ取られた日本経済から脱出できるのか。

抜本的な年金制度改革を今やらないといけない=討論会で河野行革相

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げず」=討論会

自民党総裁選に立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行は18日、日本記者クラブ主催の公開討論会に出席、河野氏は、抜本的な年金制改革を今やらないといけないと強調し、財源は消費税で賄うべきとの考えを示した。岸田氏はその場合は消費税をどれだけ上げるかの議論が必要とし、自身としては消費税は10年程度は引き上げないとの考えを示した。

自民総裁選出馬の4氏が会見、河野氏「争点は国民からの支持」

自民総裁選出馬の4人が会見、河野氏「争点は国民からの支持」

自民党総裁選に立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行は17日、共同会見を行い、河野氏は「総裁選の最大の争点は国民からの支持」との認識を示した。岸田氏は、論点は自民党の信頼回復だと指摘した。

FOMC控えドル/円は神経質、中国恒大巡る警戒感も=来週の外為市場

FOMC控えドル/円は神経質、中国恒大巡る警戒感も=来週の外為市場

来週の外為市場では、21―22日の米FOMC(米連邦公開市場委員会)を控え、ドル/円は神経質な展開になる見通し。今回のFOMCではFRB(米連邦準備理事会)メンバーによる政策金利の先行き予測(ドットチャート)に関心が集まっており、ハト派的な姿勢が確認されれば、ドル安圧力が強まりそうだ。また、中国の不動産開発大手、中国恒大集団の債務問題を巡る懸念もくすぶり、中国関連の悪材料が出た場合はリスク回避姿勢が広がるとみられている。

スピード調整、飛び石連休に重要イベント 手掛けにくさも=来週の東京株式市場

スピード調整、飛び石連休に重要イベント 手掛けにくさも=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、上昇ピッチの速さを受け利益確定の売りが上値を抑えるスピード調整が想定されている。高値警戒感や過熱感から一段の買い進みに慎重な一方、相場の先高観も根強い。短期的な調整があっても押し目買いが支えになり、一進一退になりそうだ。飛び石連休の合間に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれるため、手掛けにくさも意識されている。

ロイターニュースランキング