エディション:
日本
放送を一時中断することがあります。

特集 自動車産業の未来

貿易収支、7月は2カ月ぶり赤字 対中輸出9.3%減=財務省

財務省が19日発表した貿易統計速報によると、7月の貿易収支は2496億円の赤字だった。赤字は2カ月ぶり。ロイターの予測中央値は2000億円の赤字だった。中国向け自動車部品や半導体等製造装置の輸出が減少した。

独GDP、4-6月期再びマイナス 経済相「景気後退避けられる」

ドイツ連邦統計庁が14日発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)速報値は、前期比0.1%減少となった。前四半期は0.4%増と3四半期ぶりにプラス成長を回復していたが、再びマイナスに転じた。貿易戦争や外需の減少で輸出が落ち込んだことが響いた。アナリストの予想も前期比0.1%減だった。

GDP4─6月期年率+1.8%、3期連続プラス成長 消費・設備投資が好調

内閣府が9日発表した2019年4─6月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比プラス0.4%、年率換算でプラス1.8%となり、3四半期連続のプラス成長となった。ロイターの事前予測の年率0.4%を大きく上回った。中国経済減速など外需の悪化を民間最終消費や設備投資の好調が上回り、プラス成長を維持した。

GDP4─6月期年率+1.8%、3期連続プラス成長 消費・設備投資が好調

内閣府が9日発表した2019年4─6月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比プラス0.4%、年率換算でプラス1.8%となり、3四半期連続のプラス成長となった。ロイターの事前予測の年率0.4%を大きく上回った。中国経済減速など外需の悪化を民間最終消費や設備投資の好調が上回り、プラス成長を維持した。

ロイターニュースランキング