エディション:
日本
Photo

フィンランドに現職最年少34歳の女性首相、若手中心の連立発足

11:30am JST

[ヘルシンキ 10日 ロイター] - 北欧フィンランドの新首相に、サンナ・マリーン社会民主党党首(34)が10日就任した。現職で世界最年少の首相。他の4党と連立政権を組んでおり5党の党首は全員女性。うち4人が35歳以下だ。 | ビデオ 記事の全文

Photo

原油先物は下落、米在庫が予想に反して増加

[シンガポール 11日 ロイター] - アジア時間の原油先物は下落。米原油在庫が予想に反して増加したことが背景。市場では、15日に対中追加関税が発動されるかどうか注目されている。

Photo

米ロ外相が核軍縮など協議、新START巡り溝埋まらず

[ワシントン 10日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は10日、ワシントンでロシアのラブロフ外相と会談した。ラブロフ氏は新戦略兵器削減条約(新START)の延長をあらためて提案したが、ポンペオ氏は中国の参加を主張し、両者の溝は埋まらなかった。

米WTI原油先物価格の推移

Photo

米中合意はトランプ氏次第、近く決定下す─大統領補佐官=米TV

10:46am JST

[ワシントン 10日 ロイター] - ナバロ米大統領補佐官(通商製造政策局長)は10日、米中通商合意や関税の問題についてはトランプ大統領に最終決定権があるとの認識を示した。FOXビジネス・ネットワークのインタビューで語った。

Photo

米、20年は年間で初めて石油純輸出国に 米EIAが予想

10:34am JST

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 米エネルギー情報局(EIA)は10日、米国が2020年に、統計史上初めて年間ベースで原油および石油製品の純輸出国に転じるとの見通しを示した。シェールブームによる生産の急拡大が背景にある。

Photo

カナダ副首相「早期の新貿易協定批准は国益」 詳細には触れず

10:31am JST

[10日 ロイター] - カナダのフリーランド副首相は10日、新たな貿易協定「米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」をできるだけ早期に批准することはカナダの国益にかなうとの認識を示した。ただ、批准に向けた政府の戦略について詳細は語らなかった。

南アの主要鉱山が操業停止、洪水による大規模停電で

10:28am JST

[ヨハネスブルク 10日 ロイター] - 南アフリカで、ここ10年以上で最も深刻な停電が発生し、10日までに主要鉱山が相次ぎ操業を停止した。各地を襲った大雨と洪水のため国営電力大手エスコムの主要施設が被害を受けたため。同国の主要産業である鉱業資源の輸出が損なわれ、既に減速している景気が一段と悪化する恐れがある。

Photo

COP25にブルームバーグ氏、気候変動対策で中国との協力訴え

10:25am JST

[マドリード 10日 ロイター] - 2020年の米大統領選で民主党候補の指名争いに出馬表明したブルームバーグ前ニューヨーク市長は10日、気候変動対策への世界的な取り組みにおいて米国は中国との関係を改善する必要があるとの認識を示した。気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)でのスピーチで述べた。

Photo

特別リポート:伝説の香港大富豪、習主席との「長く特殊な関係」

[香港 27日 ロイター] - 1993年1月、ふくよかな頬と豊かな黒髪が目立つ、野心に富む39歳の中国共産党幹部が香港を訪れた。彼は、自らの地盤である二級都市・福州への投資を募る狙いで、立ち並ぶ輝かしい高層ビルのなか、香港の富裕層の面会を求めた。それが習近平氏だった。

Photo

特別リポート:「可能なら辞任する」、香港トップが明かした胸の内

[香港 2日 ロイター] - 香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が先週、実業家グループとの非公開会合で、香港の政治危機を巡り「言い訳のできない大混乱」を引き起こしたとし、選択肢があるなら辞任すると話していたことが分かった。録音された発言をロイターが確認した。 | ビデオ

Photo

特別リポート:米中対立の最前線ポーランド、華為「スパイ」事件を追う

[ワルシャワ 2日 ロイター] - 今年1月の冷え込みの厳しい朝、ポーランドの国内公安機関(ISA)がワルシャワのアパートの一室に立ち入った。彼らは写真や電子機器を没収、アパートに住む外国人ビジネスマンを逮捕した。

Photo

特別リポート:乱立する「国境の壁」資金調達、寄付金の行方は不透明

[ワシントン 3日 ロイター] - 米国のトランプ大統領が看板政策として選挙公約に掲げていたのは、メキシコとの国境に「壁」を築くという構想だった。だがその夢は、相手国メキシコとの議論や、政府予算に影響力を持つ民主党議員からの反対を受け、泥沼にはまっている。

トップセクション