エディション:
日本

アフガニスタン情勢

「イスラム国」がアフガン全土に拡大、国際社会の支援必要=国連特使

「イスラム国」がアフガン全土に拡大、国際社会の支援必要=国連特使

国連アフガニスタン支援団(UNAMA)のデボラ・ライオンズ事務総長特別代表は17日、イスラム主義組織タリバンが実権を掌握した後のアフガニスタン情勢に関する調査結果を国連安全保障理事会で発表し、過激派組織「イスラム国」系の組織「イスラム国ホラサン州(ISKP)が拡大しており、全土34件のほとんどに存在が確認されると説明した。

カタール、アフガンで米外交代表を務める=当局者

カタール、アフガンで米外交代表を務める=当局者

米政府高官はロイターに対し、中東のカタールがアフガニスタンでの米国の外交的利益を代表することで米国とカタールが合意したことを明らかにした。これは約20年間の戦争を経て、将来的に米国とアフガンが直接関与する可能性を示す重要なシグナルとなる。

ニュース一覧

カブール、数十人が死傷 病院で爆発と銃撃

カブール、数十人が死傷 病院で爆発と銃撃

アフガニスタンの首都カブールにある同国最大の軍病院が2日襲撃され、少なくとも25人が死亡、50人超が負傷した。当局によると、2回の激しい爆発が起きた後、襲撃犯が銃を発砲した。

タリバン、アフガンで外貨の使用禁止=報道官

タリバン、アフガンで外貨の使用禁止=報道官

アフガニスタンで実権を掌握したイスラム主義勢力タリバンは2日、全土で外貨の使用を全面的に禁止すると発表した。国際支援の引き揚げなどで崩壊の危機に瀕しているアフガン経済の混乱がさらに深まる恐れがある。

ワールド

ロイターニュースランキング