エディション:
日本

中国

香港紙創業者の黎智英氏、詐欺罪で起訴 保釈認められず

香港紙創業者の黎智英氏、詐欺罪で起訴 保釈認められず

香港の蘋果日報(アップル・デイリー)の創業者で民主派の黎智英(ジミー・ライ)氏が3日詐欺罪で起訴され、保釈が認められず勾留された。2016─20年に同氏の会社の建物を賃貸契約の規定外の目的で使用したとして、幹部2人とともに起訴された。

中国ニュース スペシャル

フィスコ・コラム

中国 元/円
香港 ハンセン
Photo

特別リポート:コロナ禍で「プラ危機」、廃棄増がリサイクル圧迫

[5日 ロイター] - 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)でプラスチック業界が激震に見舞われている。武漢からニューヨークまであらゆる地域で、フェイスシールドや手袋、食品のテイクアウト用容器、オンラインショッピングで注文された商品の配送用緩衝材などの需要が増えているが、こうした製品はリサイクルできず、廃棄物が急増している。

Photo

特別リポート:急拡大する中国「海兵隊」、権益確保へ世界展開

[香港 20日 ロイター] - 中国が1990年代半ばに軍事力拡大に乗り出した時点で、最優先目標に掲げていたのは、本土沿岸に接近する米軍を徹底的にたたく戦力を整えることだった。だが今や、人民解放軍は世界各地で米国の力に挑戦するための準備を進めつつある。

Photo

特別リポート:イランのミサイル開発に新事実、アルミ粉末計画の内幕

[ロンドン 24日 ロイター] - イラン北東部、北ホラーサーン州の砂漠の端に、アルミニウム工場が建っている。近くには国内最大のボーキサイト鉱床。イラン政府はこの施設群について、アルミニウムの生産拡大に向けた取組みの重要な柱とうたっている。

Photo

特別リポート:なぜブラジルは「コロナ感染大国」に転落したのか

[サンパウロ/リオデジャネイロ 26日 ロイター] - 3月中旬、ブラジルは感染の足音が聞こえ始めていた新型コロナウイルスに先制攻撃を加えた。保健省はクルーズ船の運航停止を命じ、地方自治体に大規模イベントの中止を要請した。海外からの旅行者には1週間の自主隔離を呼びかけた。

ニュース一覧

中国、気象制御能力の強化計画を発表

中国、気象制御能力の強化計画を発表

中国国務院(内閣に相当)は2日、政府は気象制御能力を強化する方針で、2025年までに陸上の人工降雪・降雨プログラムの対象範囲を少なくとも550万平方キロメートルに拡大すると明らかにした。

中国サービス部門PMI、11月は57.8 消費者需要が改善=財新

財新/マークイットが発表した11月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は57.8で、前月の56.8から上昇し、2010年4月以降で2番目に高い伸びを記録した。新規事業が過去10年余りで最も高い水準となり、消費者需要の一段の改善を示した。

香港ファンドのオアシス、三井不の東京ドーム買収提案「歓迎」

香港ファンドのオアシス、三井不の東京ドーム買収提案「歓迎」

香港のファンドのオアシス・マネジメントのセス・フィッシャー最高投資責任者は2日夜、テレビ東京の番組の取材に応じ、三井不動産による東京ドームへの買収提案について、「TOB(株式公開買い付け)は歓迎すべきこと」と語った。TOBに応募するかどうかは、三井不動産、読売新聞グループと来週議論して決める考えを明らかにした。

米議会の調査機関、中国企業への投資に対する監視を強化へ

米議会の調査機関、中国企業への投資に対する監視を強化へ

米連邦議会に設置されている米中経済・安全保障問題検討委員会(USCC)は1日、ヘッジファンドなどの中国企業向け投資に対する監視を一層強化する方針を示した。投資家に及ぶリスクのほか、中国の軍事力強化に資金を供与することになる可能性を警告した。

ロイターニュースランキング

    ワールド