エディション:
日本

地球温暖化

関連ニュース

米大型歳出法案、1兆ドル強に縮小も 政権が与党議員と再交渉へ

米大型歳出法案、1兆ドル強に縮小も 政権が与党議員と再交渉へ

バイデン米政権は気候変動・社会保障関連歳出法案「ビルド・バック・ベター(よりよき再建)」を巡る与党議員らとの交渉を再び本格化させる構えで、子育て世帯の税額控除拡充などの項目を縮小・削除するなどして、造反議員に翻意を促したい考え。関係筋が明らかにした。

自然災害・環境関連

地震情報

loading...
  •  
  • この情報は、直近1カ月以内に発生した、マグニチュード5.0以上の地震を地図上で示しています。
  • この情報は米地質調査所(USGS)が提供する情報を元に作成しています。日本の気象庁などの機関が発表する情報と異なる場合があります。

離婚家庭に10万円給付検討、日米会談は信頼深める機会=岸田首相

岸田文雄首相は20日午前の参院本会議の各党代表質問で、18歳以下を対象とした10万円給付について、離婚などで受け取れない世帯への支給も検討する方針を示した。また、21日に予定されているバイデン米大統領との電話首脳会談は、双方の信頼を高める機会になると指摘した。

トンガに100万ドル以上の緊急物資支援、きょうにも輸送=岸田首相

岸田文雄首相は20日午前の参院本会議の各党代表質問で、海底火山噴火により被害が発生したトンガ政府を支援するため100万ドル以上の緊急物資支援を行うことを決め、早ければきょうにも自衛隊機で輸送すると述べた。水岡俊一議員(立憲民主・社民)への答弁。

環太平洋火山帯
グラフィックス

ニュース一覧

中国アルミ生産、21年は過去最高更新 電力使用制限でも

中国アルミ生産、21年は過去最高更新 電力使用制限でも

中国国家統計局が17日発表した2021年のアルミニウム生産量は、前年比4.8%増の3850万トンとなり過去最高を更新した。気候変動目標の達成に向け一部のアルミ製造工場に電力使用制限がかかったが、全体ではプラスとなった。

コラム:FRB幹部人事、銀行資本規制の強化現実味

コラム:FRB幹部人事、銀行資本規制の強化現実味

[ワシントン 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - バイデン米大統領は、銀行資本規制の分野に波乱を呼び込んだかもしれない。バイデン氏は14日、連邦準備理事会(FRB)の銀行監督担当副議長にサラ・ブルーム・ラスキン氏を指名した。FRBはこれまで、銀行資本要件と温暖化問題を結びつけることを否定してきたが、ラスキン氏が銀行監督担当副議長になれば、資本規制にこの問題を取り込むのが目標となってもおかしくない。

コラム:日本でも始まった物価上昇、一時的と断定できるのか

コラム:日本でも始まった物価上昇、一時的と断定できるのか

日本でも物価上昇が本格化する可能性が高まっている。国際商品価格の上昇と円安が主要なエンジンになっているが、この動きが「一時的」かどうかが次の大きな論点になる。2%の物価目標を掲げる日銀は一時的との見方に傾いているようだが、それは果たして本当なのか。17、18日の金融政策決定会合では、その点に多くの時間が割かれそうだが、筆者の視点で物価上昇の要因を整理してみた。

米FRB、インフレ制御が「最重要責務」=ブレイナード理事

米FRB、インフレ制御が「最重要責務」=ブレイナード理事

米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は13日、上院銀行委員会で開かれた副議長昇格に関する公聴会で証言を行い、現在の景気拡大の継続に向け、約40年ぶりの高水準にあるインフレ率を制御することがFRBの「最重要の責務」との考えを示した。

在日米軍、周辺地域へのコロナ感染拡大の一因の可能性=林外相

在日米軍、周辺地域へのコロナ感染拡大の一因の可能性=林外相

林芳正外相は13日午後、日本記者クラブで会見し、沖縄県などでの新型コロナウイルス感染拡大について、在日米軍が周辺地域への感染を広げた一因である可能性は否定できないとの見方を示した。日米地位協定の見直しは考えていないと改めて述べる一方、米国側と感染拡大予防で緊密に協議すると強調した。

バイデン氏ら西側指導者、民主主義擁護が不十分=人権団体

バイデン氏ら西側指導者、民主主義擁護が不十分=人権団体

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチは13日、バイデン米大統領はじめとする西側諸国の指導者は民主主義を十分に擁護しておらず、気候変動や新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)、貧困、格差などの課題に対応できていないと批判した。

ワールド

ロイターニュースランキング