エディション:
日本

自然災害・環境関連

地震情報

loading...
  •  
  • この情報は、直近1カ月以内に発生した、マグニチュード5.0以上の地震を地図上で示しています。
  • この情報は米地質調査所(USGS)が提供する情報を元に作成しています。日本の気象庁などの機関が発表する情報と異なる場合があります。

志賀草津道路再び通行止め

7:34pm JST

 草津白根山の白根山の火山活動に伴い一部通行止めになり、19日に全線開通した群馬県草津町と長野県を結ぶ観光ルートの志賀草津道路(国道292号)について、群馬県は24日朝から、再び通行止めとした。町によると、規制解除の条件として、通行する全車両に配布するとしていた噴火への注意を呼び掛けるチラシが、一部車両に配られていなかった。記事の全文

Photo

豪CPI、第1四半期は3年ぶり弱さ 利下げ観測高まる

1:09pm JST

[シドニー 24日 ロイター] - オーストラリア連邦統計局が発表した第1・四半期の消費者物価指数(CPI)は3年ぶりの低い伸びに鈍化し、年内利下げの観測を強める格好となった。

Photo

米NHL、プレーオフ中の航空機移動分の温暖化ガス排出権購入

2019年 04月 23日

[22日 ロイター] - 北米プロアイスホッケー(NHL)は、地球環境について考える「アースデイ」に当たる22日、プレーオフ期間中に利用する航空機からの温室効果ガス排出量を相殺するため、排出権を購入すると表明した。

環太平洋火山帯
グラフィックス

ロイターニュースランキング

    Photo

    コラム:英国人が見た平成日本、偉業を誇らない不思議=コリン・ジョイス氏

    [東京 21日] - 日本を定期的に訪れている筆者は数年前、都内に「上野東京ライン」という新しいJRの路線ができたことに気がついた。上野駅と東京駅はすでに結ばれていなかったか。そう思い、やや困惑した。

    Photo

    インタビュー:個人投資家も「アクティビスト」になるべき=マネックス社長

    [東京 22日 ロイター] - 平成の30年間で個人投資家を取り巻く環境は激変した。インターネットなど情報通信技術の普及により大量の情報を瞬時に入手できるようになり、セミプロのような個人投資家も数多く出現した。しかし、全体でみれば貯蓄から投資へのシフトは進まず、かつてのような日本株市場の活気は取り戻せていない。

    Photo

    オピニオン:平成日本の過ち、「滅びの40年」回避できるか=半藤一利氏

    [東京 7日] - 幕末から昭和まで、歴史を見つめてきた作家の半藤一利氏は、平成の日本は国家に目標がなく、国民も基軸を失いつつあると指摘する。

    Photo

    オピニオン:まだら模様の平成時代、ベーシックインカム必要に=竹中平蔵氏

    [東京 8日] - 昭和が「激動の時代」だったとすれば、平成は「激変の時代」だった──。失われた30年などでは決してなく、日本社会は浮き沈みを繰り返しながら、プラスとマイナス両面で変化があった「まだらな30年間」だったと、竹中平蔵・東洋大学教授は指摘する。 | ビデオ

    トップセクション