エディション:
日本

地球温暖化

関連ニュース

気候変動や貧富の差、世界でより大きな課題に=米情報機関報告書

気候変動や貧富の差、世界でより大きな課題に=米情報機関報告書

米国家情報会議(NIC)は8日、2040年の世界情勢に関する報告書を発表し、同年までに疾病や貧富の差、気候変動、各国内および各国間の紛争がより大きな課題になるとの見通しを示した。また、これらの問題の一部は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)ですでに悪化しているとした。

世界経済の回復見通しなお不確実、金利上昇を懸念=IMF声明

世界経済の回復見通しなお不確実、金利上昇を懸念=IMF声明

国際通貨基金(IMF)の運営方針を決める国際通貨金融委員会(IMFC)は8日、声明を発表し、世界経済は新型コロナウイルス危機から予想以上の速さで回復しているものの、回復の見通しはなお極めて不確実で、金利の急上昇は特に新興国への打撃になりかねないとの認識を示した。

自然災害・環境関連

地震情報

loading...
  •  
  • この情報は、直近1カ月以内に発生した、マグニチュード5.0以上の地震を地図上で示しています。
  • この情報は米地質調査所(USGS)が提供する情報を元に作成しています。日本の気象庁などの機関が発表する情報と異なる場合があります。

ボリビアの「プラスチックの湖」、数百人が清掃作業

ボリビア中部オルロ県にあるウルウル湖は、投棄されたボトルや容器などが湖一面に広がり、水よりプラスチックが多いとされるほど環境が悪化しているが、地元のボランティアなどが8日、清掃作業に取り組んだ。

G20声明草案、IMF財源増強や途上国債務返済猶予延長で合意へ

20カ国・地域(G20)の財務相は7日、脆弱な国の新型コロナウイルス危機対応の支援に向け、国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)の新たな配分により6500億ドル増強することで合意する見通しだ。G20財務相・中央銀行総裁会議の共同声明草案で明らかになった。

環太平洋火山帯
グラフィックス

ニュース一覧

世銀とIMF、気候・環境支出の貧困国向け助言組織を計画

世界銀行と国際通貨基金(IMF)が、気候変動対策や環境保全活動向けの支出について貧困国に助言を行うプラットフォームの立ち上げを計画していることが分かった。環境関連の支出と債務救済策を紐付ける構想の一環。ロイターが計画案資料を確認した。

コロナ禍で露呈した弱点の補強に尽力を、米財務長官が訴え

コロナ禍で露呈した弱点の補強に尽力を、米財務長官が訴え

イエレン米財務長官は6日、米国の急速な回復が世界全体の成長を押し上げる一方、新型コロナウイルス危機により露呈したノンバンクや世界的なサプライチェーン(供給網)、社会的セーフティーネットの弱点を補うにはさらなる努力が必要だと訴えた。

焦点:バイデン氏、予想外の豹変 インフラ計画で米経済を急旋回

焦点:バイデン氏、予想外の豹変 インフラ計画で米経済を急旋回

ジョー・バイデン氏がいわゆる「サイレントジェネレーション」に属する最後の米大統領となるのはほぼ間違いないだろう。この世代は第二次世界大戦期に子供時代を送り、成人になったときには経済が好景気に沸いて中間層が富を蓄え、米国は世界随一の工業国としての地位を確固たるものにした。

ワールド

ロイターニュースランキング