エディション:
日本

地球温暖化

関連ニュース

21日からダボス会議、スイス全土から警備に5000人

21日からダボス会議、スイス全土から警備に5000人

世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)が21日、スイス東部ダボスで開幕する。現地では各国首脳に温暖化対策を訴える大規模デモ行進も予定されており、スイス政府は会期中の安全を確保するため、全土から5000人の兵士や警官を集めて警備にあたる。

自然災害・環境関連

地震情報

loading...
  •  
  • この情報は、直近1カ月以内に発生した、マグニチュード5.0以上の地震を地図上で示しています。
  • この情報は米地質調査所(USGS)が提供する情報を元に作成しています。日本の気象庁などの機関が発表する情報と異なる場合があります。

豪森林火災、再び激化する恐れ BHPの石炭生産にも打撃

オーストラリア当局は21日、国内で被害が広がる森林火災について、ここ数日は降雨の影響などで勢いが弱まったが、再び激化する恐れがあると警告した。一方、資源大手BHPグループは、森林火災による大気質の悪化で石炭生産が打撃を受けていると明らかにした。

環太平洋火山帯
グラフィックス

ビデオ

ニュース一覧

今年の世界経済、CEOの半数以上が減速予想=PwC調査

今年の世界経済、CEOの半数以上が減速予想=PwC調査

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の開幕に先立ちプライスウォーターハウスクーパース(PwC)が20日公表した最高経営責任者(CEO)の意識調査で、半数以上が今年の世界経済について減速を予想していることが分かった。

世界成長率見通し、20年3.3%に下方修正 印など新興国低調=IMF

世界成長率見通し、20年3.3%に下方修正 印など新興国低調=IMF

国際通貨基金(IMF)は20日に発表した世界経済見通し(WEO)で、2020年の成長率を3.3%とし、昨年10月時点の予測から0.1%ポイント下方修正した。インドを含む新興国の経済が予想より大きく減速すると予測されることが背景。ただ、米中が通商交渉で「第1段階」の合意に達したことで貿易、および製造業活動が近く底入れする兆しが改めて示されたとした。

石油・ガス業界は低炭素エネ投資拡大が必須=IEA

石油・ガス業界は低炭素エネ投資拡大が必須=IEA

国際エネルギー機関(IEA)は20日、石油・ガス会社に対し、二酸化炭素(CO2)排出量が少ない低炭素エネルギーへの投資を増やさなければ、社会からの反発が強まり、長期的な利益や社会的地位を脅かされる可能性があると警鐘を鳴らした。

先進国横断の技術開発へ新組織、温暖化対策 吉野氏がセンター長

先進国横断の技術開発へ新組織、温暖化対策 吉野氏がセンター長

地球規模で温暖化対策が喫緊の課題となる中、途上国を含めて世界的なCO2削減を支援するため、技術開発を加速させようという取り組みが始まる。資金のない途上国に先進国の援助は不可欠だが、資金援助には限界もある。1月末に産業技術総合研究所が設立する「ゼロエミッション国際共同開発センター」は、先進国が横断的に技術開発を行い、問題解決につなげようとする試みだ。

特集巨災リスク:金融市場による危機分散進まず、「平均化」する地方債

特集巨災リスク:金融市場による危機分散進まず、「平均化」する地方債

大規模な自然災害が多発しているにもかかわらず、日本では金融市場を通じたリスク分散が進んでいない。国の手厚いバックアップで、地方債におけるリスクの違いは平均化。国に集中するリスクはいざというときに危機対応力を低下させるおそれがある。CAT債(大災害債)など再保険の手段も「誤解」が普及のブレーキになっている。

1月ロイター企業調査:洪水への備え半数以下、石炭火力反対は2割どまり

1月ロイター企業調査:洪水への備え半数以下、石炭火力反対は2割どまり

1月ロイター企業調査によると、気候変動を念頭に置いて大型台風クラスの風雨水害や気温上昇に対する備えを行っている企業はまだ少数派であることが明らかとなった。事業継続計画を策定していても、豪雨や台風による洪水を想定している企業は半数以下にとどまり、気温変化や浸水への備えは手薄となっている。また海外から批判の強い石炭火力発電について、撤退すべきとの意見は2割にとどまった。

ワールド

ロイターニュースランキング