エディション:
日本
Photo

焦点:日米欧中銀、インフレ警戒せず 12:12pm JST

[フランクフルト 1日 ロイター] - 世界の主要中銀はインフレ率が上昇しても喜んで受け入れるとみられ、果敢にも早めの金融刺激策打ち切りに賭けている投資家は、ほぼ確実に肩すかしを食らうだろう。記事の全文

欧州ニュースマップ地図をクリックすると、各国の国債利回りがご覧いただけます

Photo

特別リポート:自由を失う香港、引き裂かれる家族と社会の絆

[香港 22日 ロイター] - 香港に立ち並ぶ高層マンションの一室、狭いキッチンに広東料理の濃厚な香りが漂っている。秋の訪れを告げる中秋節の時期、香港では家族や親戚が集まり、月を眺め、月餅や料理を楽しみながら団らんのひと時を共にするのが恒例だ。

Photo

特別リポート:コロナ禍で「プラ危機」、廃棄増がリサイクル圧迫

[5日 ロイター] - 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)でプラスチック業界が激震に見舞われている。武漢からニューヨークまであらゆる地域で、フェイスシールドや手袋、食品のテイクアウト用容器、オンラインショッピングで注文された商品の配送用緩衝材などの需要が増えているが、こうした製品はリサイクルできず、廃棄物が急増している。

Photo

特別リポート:急拡大する中国「海兵隊」、権益確保へ世界展開

[香港 20日 ロイター] - 中国が1990年代半ばに軍事力拡大に乗り出した時点で、最優先目標に掲げていたのは、本土沿岸に接近する米軍を徹底的にたたく戦力を整えることだった。だが今や、人民解放軍は世界各地で米国の力に挑戦するための準備を進めつつある。

Photo

特別リポート:イランのミサイル開発に新事実、アルミ粉末計画の内幕

[ロンドン 24日 ロイター] - イラン北東部、北ホラーサーン州の砂漠の端に、アルミニウム工場が建っている。近くには国内最大のボーキサイト鉱床。イラン政府はこの施設群について、アルミニウムの生産拡大に向けた取組みの重要な柱とうたっている。

Photo

コラム:インフレとマネーの新しい関係、米貯蓄はマグマになるか=唐鎌大輔氏

[東京 3日] - 2月下旬の米上院銀行委員会の公聴会において、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は「大昔にわれわれが経済学を勉強したころは、M2(現金通貨と預金の合計)と通貨供給量(の全体)が経済成長に関係するとみられていた」とした上で「現在ではM2に重要な意味合いはない。この知識は忘れる必要がある」と、マネー急増とインフレ高進の関係を全否定してみせた。

Photo

コラム:流動性相場の終幕告げるのはインフレ懸念=熊野英生氏

[東京 1日] - 米長期金利の上昇によって、米株価が崩れてしまった。株高が米連邦準備理事会(FRB)の超金融緩和によって生み出されているとすると、長期金利上昇はその緩和効果が及ばなくなることを象徴する変化である。ロジックはこうなる。

Photo

コラム:M2急増がドル安の引き金か、予見されるドル円の潮目=佐々木融氏

[東京 25日] - 1月下旬以降の過去1カ月間、ドル/円相場は103円台半ばから106円台まで上昇した。米10年国債金利も同期間に1.0%から1.4%まで40bpも上昇しているため、ドル高とみられがちだが、実際には円安が主因となってドル/円相場は上昇している。

Photo

コラム:日欧中銀が匂わせる「マイナス金利深掘り」、現実味はあるか=上野泰也氏

[東京 25日] - 日銀と欧州中央銀行(ECB)の金融政策の枠組みには、似通った部分がある。それは、マイナス金利深掘りという金利面での追加緩和カードが存在していることをアピールし続け、それを織り込んだフォワードガイダンスも掲げていることである。

Photo

コラム:予想される日銀点検の中身と本質的な影響=井上哲也氏

[東京 24日] - 日本銀行は3月の金融政策決定会合で、政策運営の点検結果を公表する。黒田東彦総裁は、この間の記者会見などを通じ、物価目標や「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の枠組み自体は有効なので今回の検討対象でないと説明しており、主としてイールドカーブ・コントロール(YCC)や上場投資信託(ETF)等の資産買い入れの運営が焦点と明言している。

トップセクション