エディション:
日本
Photo

イラン「米が制裁解除に同意」、独仏は慎重姿勢崩さず 2021年 06月 23日

[ドバイ/ベルリン 23日 ロイター] - イランのロウハニ大統領の首席補佐官を務めるマフムード・バエジ氏は23日、イラン核合意の復活を巡る協議で、米政府が石油・海運分野の対イラン制裁を全て撤廃し、一部の高官をブラックリスクから除外することに同意していると述べた。記事の全文

欧州ニュースマップ地図をクリックすると、各国の国債利回りがご覧いただけます

Photo

特別リポート:オイルマネーで脱石油、サウジ戦略転換の現実味

[リヤド 23日 ロイター] - 午前3時、スペイン人の生物学者カルロス・ドゥアルテ氏はサウジアラビアの王宮にいた。この国でもっとも権力を持つ人物を未明までずっと待っていた。

Photo

特別リポート:コロナ禍とCO2、炭素循環を極めた女性科学者

[ノリッジ(英国) 26日 ロイター] - カナダのケベックで生まれ、「炭素循環」の研究者として知られるコリーヌ・ルケレ氏は、ロイターのホットリストの上位にランクされた。世界で最も影響力のある環境問題の科学者1000人を取り上げたこのリストで、女性の割合は7人中1人にも満たない。男性が多数を占めるこの分野で性差別を目の当たりにしてきたルケレ氏は、粘り強く奮闘してきた。

Photo

震災10年:「あの時、なぜ救えなかったのか」、遺族が抱き続ける悔悟と葛藤

[陸前高田(岩手県) 10日 ロイター] - 「磨さん 薄よごれた軍手、そして穴のあいた靴。まだ温もりがあるような気がして...帰って来た時に俺の気に入りの靴どうしたんだれと大騒ぎされそうなので、そのまま玄関に磨かないで置いときます」(熊谷幸子さんから亡き夫への手紙。原文のまま)

Photo

特別リポート:自由を失う香港、引き裂かれる家族と社会の絆

[香港 22日 ロイター] - 香港に立ち並ぶ高層マンションの一室、狭いキッチンに広東料理の濃厚な香りが漂っている。秋の訪れを告げる中秋節の時期、香港では家族や親戚が集まり、月を眺め、月餅や料理を楽しみながら団らんのひと時を共にするのが恒例だ。

Photo

コラム:FOMCタカ派転換、リフレトレードの逆回転と円高圧力の構図=佐々木融氏

[東京 22日] - 6月16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果は、予想よりタカ派的となった。注目すべきは2023年のFOMC委員の将来の政策金利予想の中央値が、3月時点での「利上げなし」から「2回の利上げ」に変更されたことだ。

Photo

コラム:米景気回復の継続、利上げ期待醸成で110円超の円安に=亀岡裕次氏

[東京 16日] - このところ米長期金利が低下しているわりに、ドル/円が堅調に推移している。米国の名目金利が低下しても、実質金利が低下していないことに原因があるのではないか。

Photo

コラム:中国当局の人民元高容認どこまで G7対抗姿勢で変化は=尾河眞樹氏

[東京 15日] - 英コーンウォールで行われた主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)では、パンデミックからの世界の復興をテーマに討議が行われた。共同声明では中国に対しウイグルや香港の人権尊重を要求したり、初めて「台湾海峡の平和と安定の重要性」に直接言及するなど、中国への圧力をやや強めた印象だ。

Photo

コラム:商品価格上昇や金融正常化が追い風の加ドル、豪ドルと2強通貨に=植野大作氏

[東京 15日] - カナダドル/円が強い。6月1日の北米市場では一時91円19銭と2018年1月以来、約3年4カ月ぶりの高値圏まで買い進まれた。昨年3月のコロナパニック時に刻んだ9年5カ月ぶり安値の73円82銭から、約15カ月で2割を超える値上がりだ。

Photo

コラム:ポストコロナ時代は長期ドル安か、財政支配が変える通貨価値=高島修氏

[東京 9日] - ドル/円は1─3月期の反発で110円台に乗せた。年末年始の時点で我々は1─3月期に106─107円台への反発と予想していたが、それを大きく上回るドル高・円安が進行し、年後半には100円に迫るドル/円下落になるという我々の中期シナリオには、イエローランプが点灯している。

トップセクション