エディション:
日本

特集 北朝鮮

トップニュース

北朝鮮が外相交代か、外交路線に影響も 一部メディア報道

北朝鮮が外相交代か、外交路線に影響も 一部メディア報道

北朝鮮情報サイトのNKニュースは18日、複数の匿名の北朝鮮関係者の話として、同国の李容浩(リ・ヨンホ)外相が職を解かれたと報じた。後任は、2018年4月の南北首脳会談で重要な役割を果たした祖国平和統一委員会(CPRK)の李善権(リ・ソングォン)前委員長、という。

韓国、対北朝鮮政策で米と連携を=駐韓米大使

韓国、対北朝鮮政策で米と連携を=駐韓米大使

米国のハリス駐韓大使は16日、北朝鮮への対応について、制裁につながる「誤解」を避けるためにも、韓国はいかなる計画も米国と設立した作業部会を通じて実行すべきと述べた。

グラフィックス

ビデオ

米朝対話の実現を悲観する必要ない=韓国大統領

米朝対話の実現を悲観する必要ない=韓国大統領

韓国の文在寅大統領は14日、米朝の非核化交渉の停滞を悲観する必要はないとし、北朝鮮はさらなる交渉への扉を閉じてはいないと述べた。また南北の協力が、対北朝鮮制裁緩和の道を開く可能性があると指摘した。

米が非核化協議再開を打診、北朝鮮はけん制

米が非核化協議再開を打診、北朝鮮はけん制

オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、米政府が北朝鮮に協議再開を打診したことを明らかにした。米ニュースサイト、アクシオスが12日伝えた。一方、北朝鮮は、トランプ米大統領が韓国高官に託した金正恩朝鮮労働党委員長への誕生日メッセージを受け取ったことを確認したうえで、金委員長とトランプ大統領の個人的関係が、協議再開に結びつくわけではないとけん制した。

ロイターニュースランキング