エディション:
日本

特集 北朝鮮

北朝鮮インフォグラフィックス

ロイターがインフォグラフィックスで解説

最新ニュース

トップニュース

なでしこ、北朝鮮に0―2

なでしこ、北朝鮮に0―2

 サッカーの東アジアE―1選手権第5日は15日、千葉市のフクダ電子アリーナで女子の最終戦2試合が行われ、日本代表「なでしこジャパン」は北朝鮮に0―2で敗れて2勝1敗の勝ち点6で2位に終わり、3大会ぶりの優勝を逃した。3連勝の北朝鮮が3連覇を果たした。

北朝鮮漁船、放水で退去

北朝鮮漁船、放水で退去

 海上保安庁は15日、日本海にある浅海「大和堆」周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)に侵入した北朝鮮の漁船を撮影した写真と動画を公開した。画像公開は8月に続いて2回目。今回は木造船のほかに、鋼材で造られた大型漁船を巡視船からの放水で退去させる様子を公開した。

編集長のおすすめ

北朝鮮の飢きんが生んだ「人造肉」

北朝鮮では長いあいだ、「インジョコギ」と呼ばれる人造肉が人々の命をつないできた。記事の全文 

注目記事

コラム

政府、対北朝鮮制裁を強化

 政府は15日午前の閣議で、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への独自制裁を強化するため、北朝鮮の19団体を新たに資産凍結などの対象に追加する措置を了解した。韓国は11日、独自制裁の対象として、北朝鮮の銀行など20団体を加えると明らかにしており、北朝鮮への包囲網を形成する米韓両国との連携をアピールする狙いもある。政府は北朝鮮へ最大限の圧力をかけ、拉致、核・ミサイル問題の政策変更を迫る考えだ。

中国、南シナ海の軍事拠点化を継続 北朝鮮に関心集中=米研究所

中国、南シナ海の軍事拠点化を継続 北朝鮮に関心集中=米研究所

米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)は14日に公表した報告書の中で、ここ1年にわたりアジア地域を巡る関心が北朝鮮問題に集まる中、中国が南シナ海の人工島で高周波レーダーや軍事目的での利用が可能なその他設備の設置を引き続き進めていると警鐘を鳴らした。

北朝鮮へ食品不正輸出容疑

 北朝鮮へ食品を不正輸出したとして、京都、神奈川、新潟、島根、山口の5府県警による合同捜査本部は14日、外為法違反(無承認輸出)の疑いで、東京都港区の環境設備関連会社「エム・クリエイト」社長谷内田譲容疑者(47)=新潟県新発田市=ら3人を逮捕した。

国連事務総長が平和的な非核化訴え、「北朝鮮にメッセージ伝えた」

国連事務総長が平和的な非核化訴え、「北朝鮮にメッセージ伝えた」

来日中のグテレス国連事務総長は14日、都内で会見し、朝鮮半島の非核化を平和的に実現する重要性を訴えた。また、訪朝したフェルトマン事務次長が北側に、「意味ある対話の状況を緊急に整え、非核化を進める必要がある」とのメッセージを伝えていたことも明らかにした。

北朝鮮へ不正輸出疑いで家宅捜索

北朝鮮へ不正輸出疑いで家宅捜索

 北朝鮮への不正輸出に関与した疑いがあるとして、京都府警などの合同捜査本部は14日、外為法違反の疑いで、東京都港区の環境設備関連会社「エム・クリエイト」など関係先を家宅捜索した。

対北朝鮮制裁の重要性を確認

対北朝鮮制裁の重要性を確認

 安倍晋三首相は14日、国連のグテレス事務総長と官邸で会談し、石油供給制限を柱とした国連安全保障理事会による対北朝鮮制裁決議を完全に履行する重要性を確認した。朝鮮半島の非核化が地域の平和と安定に欠かせないとの認識でも一致。首相は拉致問題の早期解決に向けた協力を改めて呼び掛けた。グテレス氏の来日は国連事務総長就任後初めて。

ロイターニュースランキング