エディション:
日本

特集 ロヒンギャ難民危機

トップニュース

米大統領欠席のASEAN関連会合、自由貿易の重要性強調へ

米大統領欠席のASEAN関連会合、自由貿易の重要性強調へ

11日からの1週間では、東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議の関連会合出席のためアジア太平洋地域の指導者がシンガポールに集結する。会合では多国間主義からミャンマーのロヒンギャ問題などの地域問題まで、多岐にわたる議題が話し合われる見通し。

ミャンマーのロイター記者、有罪判決に控訴

ミャンマーのロイター記者、有罪判決に控訴

ミャンマーでイスラム系少数民族ロヒンギャに対する迫害問題を取材していたロイターの記者2人が国家機密法違反の罪でいずれも禁錮7年の判決を言い渡された問題で5日、記者2人の弁護士が判決を不服として、ヤンゴンの上級裁判所に控訴した。

EU、ミャンマーに貿易制裁を検討 ロヒンギャ迫害で=当局者

EU、ミャンマーに貿易制裁を検討 ロヒンギャ迫害で=当局者

欧州連合(EU)はミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの迫害を巡り、同国に対する貿易制裁を検討している。ミャンマーが武器以外の全品目を無関税でEUに輸出できる協定が無効となる可能性がある。3人のEU当局者が明らかにした。

編集長のおすすめ

グラフィックス

ビデオ

国連総長、ミャンマー政府にロイター記者の釈放要請

国連総長、ミャンマー政府にロイター記者の釈放要請

国連のグテレス事務総長は20日、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの取材に絡みロイターの記者2人が実刑判決を受けた問題について、「受け入れ難い」と述べ、ミャンマー政府に2人の恩赦とできるだけ早期の釈放を要請した。

ロイター記者有罪判決、表現の自由と無関係=スー・チー氏

ロイター記者有罪判決、表現の自由と無関係=スー・チー氏

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問は13日、同国でイスラム系少数民族ロヒンギャに対する迫害問題を取材していたロイターの記者2人が国家機密法違反の罪でいずれも禁錮7年の判決を言い渡されたことについて、控訴は可能であり、2人の拘束は表現の自由とは関係ないとの考えを示した。

国連調査団、ミャンマー軍幹部の訴追求める ロヒンギャ迫害で

国連調査団、ミャンマー軍幹部の訴追求める ロヒンギャ迫害で

ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャに対する迫害問題に関して国連人権理事会が設置した国際調査団は27日、ミャンマー国軍にジェノサイド(民族虐殺)の意図があったと指摘し、ミン・アウン・フライン最高司令官ら幹部6人に対して、国際法に基づく捜査と訴追を求める報告書を公表した。

ロイターニュースランキング