エディション:
日本

特集 安全保障問題

米大統領選巡る不測の事態発生に準備不十分、安全保障省が表明

米大統領選巡る不測の事態発生に準備不十分、安全保障省が表明

米国土安全保障省(DHS)は27日、来週に迫った米大統領選について、傘下のサイバーセキュリティー・インフラストラクチャー・セキュリティー庁(CISA)が投票所と開票所で暴力が発生した場合に備え、適切に準備していなかったと明らかにした。

Photo

コラム:米大統領選後に円高なら、菅首相は介入に動くのか=上野泰也氏

[東京 28日] - 財務省が発表している外国為替平衡操作の実施状況によると、2011年11月4日に行われた3062億円の円売り・ドル買いを最後に、日本の通貨当局は為替介入を実施していない。来年11月までこの状態が続けば、「10年間介入なし」の記録が打ち立てられる。急激な円高に歯止めをかけるために多額の為替介入を実施していた頃からは、様変わりである。

Photo

コラム:迫られるコロナ禍企業への資本支援、銀行だけの仕事なのか=井上哲也氏

[東京 27日] - 国内銀行による貸出残高は今年の春以降に急速に増加し、一時は前年比で6%を超えてバブル期以来となる伸びを記録した。これは新型コロナウイルス問題に対応するため企業の資金需要が急増したためであるが、内容をみると興味深い特徴もうかがわれる。

Photo

コラム:EU離脱とポンド下落、その先に円高の影=内田稔氏

[27日 ロイター] - 市場は、米大統領選挙の話題で持ちきりだが、中長期的な為替相場を展望するなら、英ポンドに注目すべきだろう。これは、英国が2020年末をもって、名実ともに欧州連合(EU)から離脱する結果、国際金融市場におけるポンドの地位が低下し、為替市場も影響を受ける可能性が高いからだ。

Photo

コラム:バイデントレード、それだけでない人民元高の要因は何か=唐鎌大輔氏

[東京 23日] - いよいよ米大統領選が近づき、米国の政治情勢を巡るヘッドラインがひときわ騒がしくなっている。金融市場でもこれに右往左往する時間帯が目立つようになってきた印象だ。例えば、為替市場では、注目されやすいG3(ドル、円、ユーロ)通貨の値動きこそ乏しいが、中国の人民元を巡る動き、具体的にはその上昇の勢いが耳目を集めている。21日には、人民元は対ドルで2018年7月以来の高値を付け、今や中国人民銀行(PBOC)がどこまでこの動きを容認するかに関心が集まりつつある。

Photo

コラム:日本の国際金融都市実現を阻む3つの障害=佐々木融氏

[東京 19日] - 菅義偉新政権下でまた、国際金融都市構想に関する議論が盛り上がっている。香港の混乱もあり、外国金融人材を日本に呼び込み、日本のどこかの都市を世界の金融ハブとするというもくろみだ。

Photo

特別リポート:コロナ禍で「プラ危機」、廃棄増がリサイクル圧迫

[5日 ロイター] - 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)でプラスチック業界が激震に見舞われている。武漢からニューヨークまであらゆる地域で、フェイスシールドや手袋、食品のテイクアウト用容器、オンラインショッピングで注文された商品の配送用緩衝材などの需要が増えているが、こうした製品はリサイクルできず、廃棄物が急増している。

Photo

特別リポート:急拡大する中国「海兵隊」、権益確保へ世界展開

[香港 20日 ロイター] - 中国が1990年代半ばに軍事力拡大に乗り出した時点で、最優先目標に掲げていたのは、本土沿岸に接近する米軍を徹底的にたたく戦力を整えることだった。だが今や、人民解放軍は世界各地で米国の力に挑戦するための準備を進めつつある。

Photo

特別リポート:イランのミサイル開発に新事実、アルミ粉末計画の内幕

[ロンドン 24日 ロイター] - イラン北東部、北ホラーサーン州の砂漠の端に、アルミニウム工場が建っている。近くには国内最大のボーキサイト鉱床。イラン政府はこの施設群について、アルミニウムの生産拡大に向けた取組みの重要な柱とうたっている。

Photo

特別リポート:なぜブラジルは「コロナ感染大国」に転落したのか

[サンパウロ/リオデジャネイロ 26日 ロイター] - 3月中旬、ブラジルは感染の足音が聞こえ始めていた新型コロナウイルスに先制攻撃を加えた。保健省はクルーズ船の運航停止を命じ、地方自治体に大規模イベントの中止を要請した。海外からの旅行者には1週間の自主隔離を呼びかけた。

ニュース一覧

米印国防相が会談、機密衛星情報共有に関する協定締結へ

米印国防相が会談、機密衛星情報共有に関する協定締結へ

インドのシン国防相は同国を訪問中のエスパー米国防長官と会談を開き、機密扱いの衛星データの共有に関する「地理空間協力のための基礎的な交換・協力協定(BECA)」について協議し、近く署名する見通しになった。インド国防省が26日、明らかにした。

ロシア、米に新たなミサイル検証制度提案 INF条約失効で代案

ロシア、米に新たなミサイル検証制度提案 INF条約失効で代案

ロシア大統領府(クレムリン)は26日、失効した中距離核戦力全廃条約(INF条約)に代わる新たな制度案を発表した。ロシアと米国が特定の陸上配備型ミサイルを欧州に配備しないことで合意することや、信頼構築に向けた相互検証制度の導入を提案した。

中国、主権や安全保障を損なうことはない=習国家主席

中国、主権や安全保障を損なうことはない=習国家主席

中国の習近平国家主席は23日、中国軍の朝鮮戦争参戦70周年にあたり人民大会堂で演説し、中国の主権や安全保障、開発利権が損なわれることはないと表明した。また、中国の国民が軽視されることはないと述べた。

アングル:トランプ氏の「米国第一」に便乗し切れなかった中国

アングル:トランプ氏の「米国第一」に便乗し切れなかった中国

トランプ米大統領は「米国第一」主義を掲げて内向きの政策を行い、世界の指導的役割を放棄したが、中国はその空席を埋めるチャンスを生かし切れていない。来月の米大統領選でトランプ氏よりも国際派のバイデン前米副大統領が勝利すれば、その座は同氏に明け渡されそうだ。

ワールド

ロイターニュースランキング