エディション:
日本

トランプ政権特集

トップニュース

コラム:自動車関税、EUがトランプ氏を懐柔すべき理由

コラム:自動車関税、EUがトランプ氏を懐柔すべき理由

[ロンドン 20日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ米大統領が輸入関税を巡り、欧州連合(EU)に対して報復の報復に乗り出した場合、EU側は究極の選択を迫られる。さらに大きな報復措置で対抗するのか、あるいは緊張を和らげるために手を差し伸べるのだろうか──。

トランプ氏の外交政策、欧米強化策の一環=米国務次官補

トランプ氏の外交政策、欧米強化策の一環=米国務次官補

米国務省のミッチェル次官補(欧州・ユーラシア担当)は21日、米国のイラン核合意離脱、鉄鋼・アルミ関税発動、北大西洋条約機構(NATO)加盟国への軍事費増額要求など、トランプ政権の一連の外交政策について、欧米を強くするための戦略の一環だとの認識を示した。

編集長のおすすめ

注目記事

コラム

高まる貿易戦争リスク

トランプ氏のツイッター

グラフィックス

ビデオ

トランプ米大統領、エリザベス女王と会見へ 7月13日の訪英で=駐英大使

トランプ米大統領は7月13日に予定する訪英の際、エリザベス女王と会見する。ジョンソン駐英大使が20日、英スカイニューズに明らかにした。トランプ大統領の今回の訪英は公式実務訪問で、宮中晩餐会などが催される国賓としての訪問ではないものの、エリザベス女王と会見するのかとの質問に対し、ジョンソン大使は「会見する。英国の元首である女王陛下と会見することは最重要事項だ」と語った。

ロイターニュースランキング