エディション:
日本

オピニオン

Photo

コラム:米FRB巡る誤解、早晩解消でドル高へ=池田雄之輔氏 2017年 07月 27日

[東京 27日] - 7月27日午前5時。筆者はいつも通り、起床後すぐにスマートフォンで為替相場をチェックした。一瞬目を疑ったが、ドル円は確かに111.20円。前夜は112円ちょうど付近だったから、かなりのドル安である。イベントと言えば日本時間午前3時に米連邦公開市場委員会(FOMC)声明文発表が予定されていたから、「声明文がハト派的だったのかもしれない」と推測した。

Photo

コラム:米フェイスブックの危険な広告依存 2017年 07月 27日

[ニューヨーク 26日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米フェイスブックはマディソン街以外にも目を向けるべき時に来ている。26日発表した第2・四半期決算は、20億人のユーザーにアピールしようとするブランドが増え、利益が予想を上回った。

Photo

コラム:西側の「軍事革新」招いたプーチン大統領 2017年 07月 27日

[21日 ロイター] - 独ハンブルクで今月開催された20カ国・地域(G20)首脳会議では、西側諸国がロシアによる自国政治への干渉や選挙介入を巡る疑惑に対して取るべき戦略に苦慮している状況が明らかになった。

Photo

コラム:米中蜜月の終焉、経済戦争突入か=斉藤洋二氏 2017年 07月 27日

[東京 26日] - 今秋に予定される5年に1度の中国共産党大会を控えて、北京では習近平総書記(国家主席)の権力基盤強化と「ポスト習」の行方を巡る権力争いが最終盤に至っている。その中で注目を集めるのが「ミスター・クリーン」こと王岐山・党中央規律検査委員会書記だ。

Photo

コラム:中銀総裁の正常化、4番バッター不要に=井上哲也氏 2017年 07月 27日

[東京 26日] - 米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長と日銀の黒田東彦総裁の任期は、各々来年の2月と4月に満了を迎える。今年も後半に入り、日米とも任命する側の政治環境にさまざまな変化が見られ始めているだけに、後任人事に関する議論もこれから本格的に深まることになろう。

写真

ドル高阻むFRB巡る誤解

「FOMCはハト派」との市場の解釈には誤解があり、年末に向けたドル円上昇予想に変更の必要はないと野村証券の池田雄之輔氏は分析。  記事の全文 

写真

米中経済戦争の可能性

米中関係の蜜月は足元で崩れつつあり、貿易摩擦が報復合戦に発展する恐れは高まっているとネクスト経済研の斉藤洋二氏は指摘。  記事の全文 

写真

自身の恩赦可能か

「ロシア疑惑」捜査拡大を阻止するため、トランプ大統領が自身に恩赦を与えることはできるのか。   記事の全文 | 関連記事 

写真

自らの「雇用危機」

米ホワイトハウスは、自らの「雇用危機」を招いている。  記事の全文 | 関連記事 

写真

中国投資敬遠を

投資家が中国を敬遠すべき理由は。  記事の全文 | 関連記事 

トップセクション