エディション:
日本
Photo

コラム:アマゾンの周到な顧客データ収集、米議会が厳しい視線 2019年 07月 17日

[ニューヨーク 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - アマゾン・ドット・コムは米有料会員向けセール「プライムデー」の期間中、同社の買い物支援アプリ「アマゾンアシスタント」をインストールしてウェブ閲覧履歴を提供したユーザーに10ドルを提供するキャンペーンを展開中だ。競合他社からビジネスを奪う周到な手口で、しかもユーザーからデータを安く買い叩いており、市場での優位は明らかだ。折しも米下院の反トラスト小委員会は16日にオンライン市場の競争に関する公聴会を開き、アマゾンなど米IT大手の幹部が出席。アマゾンのユーザー情報の扱いは米議会の厳しい視線にさらされている。

Photo

コラム:英大使辞任にイラン問題、疑心暗鬼渦巻く「世界新秩序」 2019年 07月 17日

[ロンドン 11日 ロイター] - トランプ米大統領を酷評した極秘公電が流出し、英国の駐米大使が辞任に追い込まれた事案を受け、英国は、厄介な問題に思案を巡らせることになった。

Photo

コラム:シリコンバレーのIT企業、政治対応という「煉獄」 2019年 07月 17日

[サンフランシスコ 15日 ロイター BREAKINGVIEWS] - シリコンバレーが政治対応という「煉獄」に陥っている。フェイスブックその他のソーシャルネットワーク企業は、個人情報保護のみならず複数の問題を巡って規制当局や議会からの攻勢に遭っている。金融業界のように規制でがんじがらめになるのはごめんだろうが、明確なルールがなければ成長が妨げられるのも事実だ。

Photo

コラム:成長鈍化の中国、大規模経済対策の発動の是非 2019年 07月 16日

[香港 15日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国は、大規模な経済対策を引き続き温存するのが最も望ましい。第2・四半期の国内総生産(GDP)成長率は前年比6.2%と、前期の6.4%から鈍化した。今月中に開催が見込まれる共産党中央政治局会議は、それに対して政府が何らかの対応を示すことを認めるだろう。しかし、中国経済は減速中であって急降下しているわけではない以上、景気対策はまだ使わずに残しておくのが一番の選択肢ではないか。

Photo

コラム:中国のぎこちない「二重金利」制度、意外なメリットも 2019年 07月 15日

[香港 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 一時的な政策が得てして恒久的な政策になることを中国人民銀行(中央銀行)は身をもって知っているはずだ。

外国為替フォーラム

Photo

特別リポート:米中対立の最前線ポーランド、華為「スパイ」事件を追う

[ワルシャワ 2日 ロイター] - 今年1月の冷え込みの厳しい朝、ポーランドの国内公安機関(ISA)がワルシャワのアパートの一室に立ち入った。彼らは写真や電子機器を没収、アパートに住む外国人ビジネスマンを逮捕した。

Photo

特別リポート:乱立する「国境の壁」資金調達、寄付金の行方は不透明

[ワシントン 3日 ロイター] - 米国のトランプ大統領が看板政策として選挙公約に掲げていたのは、メキシコとの国境に「壁」を築くという構想だった。だがその夢は、相手国メキシコとの議論や、政府予算に影響力を持つ民主党議員からの反対を受け、泥沼にはまっている。

Photo

特別リポート:憂色深まる黒田日銀 財政との一体化にリスクも

[東京 18日 ロイター] - 昨年4月9日の午後、再任の辞令を受けるため首相官邸を訪れた黒田東彦日銀総裁は、にこやかに出迎えた安倍晋三首相と握手を交わし、報道各社のカメラに収まった。

Photo

特別リポート:ファーウェイ排除の内幕、激化する米中5G戦争

[キャンベラ 21日 ロイター] - 2018年初頭、オーストラリア首都キャンベラにある低層ビル群の内部では、政府のハッカーたちが、破壊的なデジタル戦争ゲームを遂行していた。 | ビデオ

トップセクション