エディション:
日本

オピニオン

Photo

コラム:オミクロン株登場でも円安の構図、注視すべき実質実効レート=唐鎌大輔氏 2021年 11月 30日

[東京 30日] - 新型コロナウイルスの新変異株・オミクロン株の出現と感染拡大を警戒し、11月26日の金融市場は世界中で大荒れの様相となった。米金利低下とドル安が進み、結果として外為市場でも円安機運が一服している。 

Photo

コラム:オミクロン株の発現でもインフレ懸念が緩和されない可能性=熊野英生氏 2021年 11月 30日

[東京 29日] - 世界経済は、再び暗雲が立ちこめて、より複雑な様相になってきた。南アフリカ発の新型コロナウイルスの新たな変異株(オミクロン株)の広がりが警戒されて、各国株価が急落した。

Photo

コラム:ドーシーCEO退任、ツイッターにもスクエアにも追い風 2021年 11月 30日

[ワシントン 29日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米ツイッターのドーシー最高経営責任者(CEO)の退任は同社だけでなく、同氏が創業したもう1つの企業、決済サービスのスクエアにも恩恵をもたらすはずだ。ツイッターの後任CEOにはアグラワル最高技術責任者(CTO)が就き、戦略面である程度の采配を振るえるようになる。ドーシー氏は、競争激化に直面するスクエアに多くの力を注げるようになるだろう。

Photo

コラム:来年の日本、テールリスクは日銀の引き締め=佐々木融氏 2021年 11月 28日

[東京 26日] - 少し前まで一過性と見なされていた世界各国でのインフレ率の大幅な上昇が、実は構造的な要因を背景とした現象で、長期的に続く可能性もあるのではないかとの懸念が広がっている。

Photo

コラム:パウエル議長の金融政策、インフレ脅威論の落とし穴=井上哲也氏 2021年 11月 27日

[東京 26日] - 米連邦準備理事会(FRB)は、11月初めに開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で資産買い入れの減額(テーパリング)を決定しただけでなく、そのペース(毎月150億ドル)をさらに加速する可能性も議論したことが、先に公表された議事要旨によって明らかになった。

Photo

コラム:オミクロン株登場でも円安の構図、注視すべき実質実効レート=唐鎌大輔氏

[東京 30日] - 新型コロナウイルスの新変異株・オミクロン株の出現と感染拡大を警戒し、11月26日の金融市場は世界中で大荒れの様相となった。米金利低下とドル安が進み、結果として外為市場でも円安機運が一服している。 

Photo

コラム:オミクロン株の発現でもインフレ懸念が緩和されない可能性=熊野英生氏

[東京 29日] - 世界経済は、再び暗雲が立ちこめて、より複雑な様相になってきた。南アフリカ発の新型コロナウイルスの新たな変異株(オミクロン株)の広がりが警戒されて、各国株価が急落した。

Photo

コラム:来年の日本、テールリスクは日銀の引き締め=佐々木融氏

[東京 26日] - 少し前まで一過性と見なされていた世界各国でのインフレ率の大幅な上昇が、実は構造的な要因を背景とした現象で、長期的に続く可能性もあるのではないかとの懸念が広がっている。

Photo

コラム:パウエル議長の金融政策、インフレ脅威論の落とし穴=井上哲也氏

[東京 26日] - 米連邦準備理事会(FRB)は、11月初めに開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で資産買い入れの減額(テーパリング)を決定しただけでなく、そのペース(毎月150億ドル)をさらに加速する可能性も議論したことが、先に公表された議事要旨によって明らかになった。

Photo

コラム:パウエル議長が陥るジレンマ、タカ派になり切れない事情=上野泰也氏

[東京 25日] - 半導体不足、天然ガス不足などを背景とするエネルギー価格高騰、対面型サービス分野での人手不足など、供給面のさまざまな制約は、年内も残存しそうだ。インフレ率が大幅に水準を切り上げる中、インフレ警戒を強める世の中の「空気」に押されて、金融政策のスタンスをタカ派の方向に傾けることを、いくつもの中央銀行が強いられている。

Photo

特別リポート:変わる自動車業界の勢力図、テスラに挑む吉利の勝算

[杭州市(浙江省) 8日 ロイター] - 「ボルボがどれだけの規模の企業かご存知ですか」。フォード・モーターのドン・レクレアー最高財務責任者(CFO)は尋ねた。

Photo

特別リポート:オイルマネーで脱石油、サウジ戦略転換の現実味

[リヤド 23日 ロイター] - 午前3時、スペイン人の生物学者カルロス・ドゥアルテ氏はサウジアラビアの王宮にいた。この国でもっとも権力を持つ人物を未明までずっと待っていた。

Photo

特別リポート:コロナ禍とCO2、炭素循環を極めた女性科学者

[ノリッジ(英国) 26日 ロイター] - カナダのケベックで生まれ、「炭素循環」の研究者として知られるコリーヌ・ルケレ氏は、ロイターのホットリストの上位にランクされた。世界で最も影響力のある環境問題の科学者1000人を取り上げたこのリストで、女性の割合は7人中1人にも満たない。男性が多数を占めるこの分野で性差別を目の当たりにしてきたルケレ氏は、粘り強く奮闘してきた。

Photo

震災10年:「あの時、なぜ救えなかったのか」、遺族が抱き続ける悔悟と葛藤

[陸前高田(岩手県) 10日 ロイター] - 「磨さん 薄よごれた軍手、そして穴のあいた靴。まだ温もりがあるような気がして...帰って来た時に俺の気に入りの靴どうしたんだれと大騒ぎされそうなので、そのまま玄関に磨かないで置いときます」(熊谷幸子さんから亡き夫への手紙。原文のまま)

トップセクション