エディション:
日本

オピニオン

Photo

コラム:モルスタ、投資家に与えたボラティリティの難題 8:32am JST

[ニューヨーク 18日 ロイター BREAKINGVIEWS] - モルガン・スタンレーは、ボラティリティという厄介な問題を株主に丸投げしつつある。

Photo

コラム:原油発「セル・イン・メイ」の予感=岩下真理氏 2018年 04月 20日

[東京 20日] - 国際通貨基金(IMF)は17日公表した世界経済見通しで、2018年と2019年の世界成長率予想を1月時点と同じプラス3.9%に据え置いた。

Photo

コラム:米国の景気後退入りリスク、2020年までに増大か 2018年 04月 20日

[ロンドン 19日 ロイター] - エネルギー市場の専門家は、米国経済が景気後退に陥る確率は来年末までが40%、2020年末までなら50%強になると予想している。

Photo

コラム:過去最高の世界債務、IMFの心配に及ばず 2018年 04月 20日

[ロンドン 19日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は今週、世界の債務水準が過去最高に達したとし、景気が順調なうちに債務削減に取り組むよう各国に求めた。

Photo

コラム:円安再始動のシグナル点灯、ドル110円も射程内=鈴木健吾氏 2018年 04月 20日

[東京 18日] - ドル円相場は1月8日の1ドル=113.40円を高値に3月23日の104.64円まで約3カ月にわたり一方的なドル安円高が進んできたが、4月に入り一時107円台後半まで反発しており、ようやく短期下落トレンドが一段落したようにみえる。

写真

原油発セル・イン・メイの予感

今年は、投機筋の買い建て玉が積み上がっている原油先物で「セル・イン・メイ」の波乱が起きるかもしれないと大和証券の岩下真理氏は指摘。  記事の全文 

写真

円安再始動のシグナル点灯

ドル円の最近の値動きは短期下落トレンドの一段落を示唆しており、今後、110円への反発が期待できると、みずほ証券の鈴木健吾氏は予想。  記事の全文 

写真

それでもFBを使う訳

個人情報保護の他にも問題が指摘されるFB。それでも使われる理由とは。  記事の全文 

写真

中国主席の妙手

中国の習主席は、米中貿易摩擦を巡るボールをトランプ氏に打ち返した。  記事の全文 

写真

ぼろ儲けに潜む危険

ソフトバンクの独占的調達方法で濡れ手に粟の大手銀だが、そこに危険も潜む。   記事の全文 

写真

「一帯一路」は失敗か

中国の「一帯一路」は、それを理解していると胸を張って言える人が非常に少ない珍しい存在だ。  記事の全文 

トップセクション