Reuters - Video

エディション: US | UK | IN | CN | JP

video

バチカンにキリスト降誕描いた砂像、使用した砂は720トン(6日)

2018年 12月 7日 Friday - 01:27

クリスマスを前に、ローマ法王庁(バチカン)のサン・ピエトロ広場に、720トンの砂を使ってキリストらの砂像が作られた。砂像を専門とし、「サンドマン」とも呼ばれる米国人芸術家のリッチ・バラーノさん(60)が監督した。聖書に記された有名なキリスト降誕の場面を描いたもので、聖母マリア、聖ヨセフ、天使、羊飼い、三賢者らの群像となっている。高さは約5.5メートル、幅16メートル。(ナレーションなし)

▲ ストーリーを隠す

ストーリーを表示する

クリスマスを前に、ローマ法王庁(バチカン)のサン・ピエトロ広場に、720トンの砂を使ってキリストらの砂像が作られた。砂像を専門とし、「サンドマン」とも呼ばれる米国人芸術家のリッチ・バラーノさん(60)が監督した。聖書に記された有名なキリスト降誕の場面を描いたもので、聖母マリア、聖ヨセフ、天使、羊飼い、三賢者らの群像となっている。高さは約5.5メートル、幅16メートル。(ナレーションなし)

リンクをコピーするには:URL上で右クリック後「コピー」を選択。モバイル端末では、URLを長押ししてください。

バチカンにキリスト降誕描いた砂像、使用した砂は720トン(6日)

2018年 12月 7日 Friday - 01:27