Reuters - Video

エディション: US | UK | IN | CN | JP

video

バランス取って歩く人型ロボット、平均台や不整地を克服(16日)

2019年 5月 19日 Sunday - 00:39

人型ロボットが、平均台や不整地を歩く能力を身につけた。米ボストン・ダイナミクスが開発し、米IHMCがアルゴリズムを作成したロボット「アトラス」。狭く複雑な歩道でも、バランスを取って歩くことができる。「アトラス」は、レーザー光を使って距離を測定し、地形を感知するセンサーを備えている。複雑歩行の成功率はまだ50%だが、開発者は将来的に、災害救助から火星の植民地化に至るまで多目的の利用が可能になると期待を寄せている。(ナレーションなし)

▲ ストーリーを隠す

ストーリーを表示する

人型ロボットが、平均台や不整地を歩く能力を身につけた。米ボストン・ダイナミクスが開発し、米IHMCがアルゴリズムを作成したロボット「アトラス」。狭く複雑な歩道でも、バランスを取って歩くことができる。「アトラス」は、レーザー光を使って距離を測定し、地形を感知するセンサーを備えている。複雑歩行の成功率はまだ50%だが、開発者は将来的に、災害救助から火星の植民地化に至るまで多目的の利用が可能になると期待を寄せている。(ナレーションなし)

リンクをコピーするには:URL上で右クリック後「コピー」を選択。モバイル端末では、URLを長押ししてください。

バランス取って歩く人型ロボット、平均台や不整地を克服(16日)

2019年 5月 19日 Sunday - 00:39