Reuters - Video

エディション: US | UK | IN | CN | JP

video

コンゴ東部ゴマで初のエボラ症例、WHOは緊急会議へ(字幕・16日)

2019年 7月 16日 Tuesday - 01:28

コンゴ民主共和国(旧ザイール)東部のゴマで14日、エボラ出血熱の初の感染が確認された。世界保健機関(WHO)は、大規模な流行の様相を一変させる可能性があると警告し、脅威を再評価するため緊急委員会を開く予定だ。

▲ ストーリーを隠す

ストーリーを表示する

コンゴ民主共和国(旧ザイール)東部のゴマで14日、エボラ出血熱の初の感染が確認された。世界保健機関(WHO)は、大規模な流行の様相を一変させる可能性があると警告し、脅威を再評価するため緊急委員会を開く予定だ。

リンクをコピーするには:URL上で右クリック後「コピー」を選択。モバイル端末では、URLを長押ししてください。

コンゴ東部ゴマで初のエボラ症例、WHOは緊急会議へ(字幕・16日)

2019年 7月 16日 Tuesday - 01:28