Reuters - Video

エディション: US | UK | IN | CN | JP

video

ロシア爆発事故、放射線量が急上昇 巡航ミサイル実験失敗か(字幕・13日)

2019年 8月 14日 Wednesday - 01:07

ロシア北部セベロドビンスク市の放射線量が8日、最大で16倍に上昇した。タス通信が13日、水文気象環境監視局の話として報じた。近隣の海軍実験施設では、ロケットエンジンが爆発する事故が起きている。米国の核専門家らは、巡航ミサイルの実験中に爆発が起きたのではないかとみている。

▲ ストーリーを隠す

ストーリーを表示する

ロシア北部セベロドビンスク市の放射線量が8日、最大で16倍に上昇した。タス通信が13日、水文気象環境監視局の話として報じた。近隣の海軍実験施設では、ロケットエンジンが爆発する事故が起きている。米国の核専門家らは、巡航ミサイルの実験中に爆発が起きたのではないかとみている。

リンクをコピーするには:URL上で右クリック後「コピー」を選択。モバイル端末では、URLを長押ししてください。

ロシア爆発事故、放射線量が急上昇 巡航ミサイル実験失敗か(字幕・13日)

2019年 8月 14日 Wednesday - 01:07