Reuters - Video

エディション: US | UK | IN | CN | JP

video

米景気後退の可能性は、トランプ大統領は懸念を一蹴(字幕・19日)

2019年 8月 20日 Tuesday - 01:34

トランプ米大統領とホワイトハウス高官は、世界の債券市場で先週にボラティリティーが高まったものの、米経済がリセッション(景気後退)に陥るリスクはほとんどないとの見解を示し、経済成長が鈍化しているとの懸念を一蹴した。中国との貿易戦争についても米国に打撃を与えていないと指摘した。

▲ ストーリーを隠す

ストーリーを表示する

トランプ米大統領とホワイトハウス高官は、世界の債券市場で先週にボラティリティーが高まったものの、米経済がリセッション(景気後退)に陥るリスクはほとんどないとの見解を示し、経済成長が鈍化しているとの懸念を一蹴した。中国との貿易戦争についても米国に打撃を与えていないと指摘した。

リンクをコピーするには:URL上で右クリック後「コピー」を選択。モバイル端末では、URLを長押ししてください。

米景気後退の可能性は、トランプ大統領は懸念を一蹴(字幕・19日)

2019年 8月 20日 Tuesday - 01:34