Reuters - Video

エディション: US | UK | IN | CN | JP

video

日本のデザイナーに魅せられて、NY紙の花デザイナー

2019年 9月 10日 Tuesday - 03:17

ニューヨークのメトロポリタン美術館のコスチューム・インスティチュート主催の展覧会を祝う春のパーティー、通称「METガラ」では、毎年、誰がどんな衣装を着て登場するるのかと注目を集めるが、今年、有名デザイナーのトリー・バーチさんは、紙でできたデイジー(ひなぎく)に飾られた白いドレスで現れた。この紙の花デザイナーは、サーアブ・グプタさん、29歳。2017年に、同じくメトロポリタン美術館で開催された日本のファッションデザイナー、川久保玲さんの展覧会「川久保玲/コム デ ギャルソン:Art of the In-Between」に魅せられて、紙の花をつくるようになったという。

▲ ストーリーを隠す

ストーリーを表示する

ニューヨークのメトロポリタン美術館のコスチューム・インスティチュート主催の展覧会を祝う春のパーティー、通称「METガラ」では、毎年、誰がどんな衣装を着て登場するるのかと注目を集めるが、今年、有名デザイナーのトリー・バーチさんは、紙でできたデイジー(ひなぎく)に飾られた白いドレスで現れた。この紙の花デザイナーは、サーアブ・グプタさん、29歳。2017年に、同じくメトロポリタン美術館で開催された日本のファッションデザイナー、川久保玲さんの展覧会「川久保玲/コム デ ギャルソン:Art of the In-Between」に魅せられて、紙の花をつくるようになったという。

リンクをコピーするには:URL上で右クリック後「コピー」を選択。モバイル端末では、URLを長押ししてください。

日本のデザイナーに魅せられて、NY紙の花デザイナー

2019年 9月 10日 Tuesday - 03:17