Reuters - Video

エディション: US | UK | IN | CN | JP

video

ピンクの塩、クリミア半島で採取の時期 多くがロシアへ(字幕・15日)

2019年 10月 17日 Thursday - 01:00

夏の暑さが過ぎ、穏やかな秋の気候に変わる中、クリミア半島にあるサシク・シバシュ湖では、ピンク色をした塩の採取の時期を迎える。水中で成長する小さな藻類によって、きれいなピンク色になる。ワンシーズンで何千トンも採取される。塩は食品、化粧品、スパ用に使われている。地元企業のユリ・リトビノフ氏は「この塩はスミレの香りがする。すばらしい」と誇らしげに語る。2014年のクリミア併合以降、大部分がロシアに輸出されている。ナレーションなし。

▲ ストーリーを隠す

ストーリーを表示する

夏の暑さが過ぎ、穏やかな秋の気候に変わる中、クリミア半島にあるサシク・シバシュ湖では、ピンク色をした塩の採取の時期を迎える。水中で成長する小さな藻類によって、きれいなピンク色になる。ワンシーズンで何千トンも採取される。塩は食品、化粧品、スパ用に使われている。地元企業のユリ・リトビノフ氏は「この塩はスミレの香りがする。すばらしい」と誇らしげに語る。2014年のクリミア併合以降、大部分がロシアに輸出されている。ナレーションなし。

リンクをコピーするには:URL上で右クリック後「コピー」を選択。モバイル端末では、URLを長押ししてください。

ピンクの塩、クリミア半島で採取の時期 多くがロシアへ(字幕・15日)

2019年 10月 17日 Thursday - 01:00