Reuters - Video

エディション: US | UK | IN | CN | JP

video

ブルームバーグ前NY市長、米大統領選出馬を検討 指名争いに影響(字幕・8日)

2019年 11月 8日 Friday - 00:58

マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長が2020年の米大統領選への立候補を検討している。同氏は今週、アラバマ州の民主党予備選に立候補するための書類を提出する見通し。この段階での出馬となると、民主党の指名争いに大きな影響を与える可能性がある。中道派候補には脅威となる一方、富裕層批判を強めるリベラル派の賛同は得られない可能性が高い。

▲ ストーリーを隠す

ストーリーを表示する

マイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長が2020年の米大統領選への立候補を検討している。同氏は今週、アラバマ州の民主党予備選に立候補するための書類を提出する見通し。この段階での出馬となると、民主党の指名争いに大きな影響を与える可能性がある。中道派候補には脅威となる一方、富裕層批判を強めるリベラル派の賛同は得られない可能性が高い。

リンクをコピーするには:URL上で右クリック後「コピー」を選択。モバイル端末では、URLを長押ししてください。

ブルームバーグ前NY市長、米大統領選出馬を検討 指名争いに影響(字幕・8日)

2019年 11月 8日 Friday - 00:58