for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

JP In Depth

気球巡る米中対立、問題は「両国がどこまで緊迫化を容認するか」=専門家(字幕・6日)

中国の気球が2月4日、米国の本土上空を飛行した問題で、米国は「偵察気球」、中国側は「研究用であり飛行コースを外れた」と主張し、真っ向から対立している。シンガポール国立大学政治学部副教授のチョン・ジャ・イアン氏は、問題は米中首脳がどの程度まで緊張関係の高まりを容認するかだとの見方を示した(ナレーションなし)。

JP In Depth

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up