for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

最新のビデオ

襲撃された「悪魔の詩」作家ラシュディ氏、会話可能な状態まで回復(字幕・15日)

イスラム教預言者ムハンマドを題材にした小説「悪魔の詩」で知られる作家のサルマン・ラシュディ氏(75)が8月12日に襲撃された事件で、14日には人工呼吸器が外され、会話できる状態にまで回復した。代理人と家族が明らかにした。ラシュディ氏はニューヨーク州で開かれたイベント参加中に首や腹部を複数回刺され、ヘリコプターで病院に搬送されていた。

エンタテインメント
世界のこぼれ話
スポーツ
テクノロジー

最新のビデオ

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up