Reuters logo
今日の株式見通し=売り先行後もみ合い、円高進行を嫌気
2017年3月20日 / 22:54 / 7ヶ月後

今日の株式見通し=売り先行後もみ合い、円高進行を嫌気

[東京 21日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、売り先行後にもみ合う展開が見込まれる。18日に閉幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で「保護主義に反対」という表現が共同声明から削除され、為替が円高方向に振れている。日本株の良好な需給は支えだが、国内外の政治リスクも意識され上値の重い展開となりそうだ。

日経平均の予想レンジは1万9350円─1万9550円。

G20では為替政策について従来の規定が踏襲されたものの、保護主義への反対について合意できず、1ドル112円台半ばまで円高が進行している。前週末の米国株は方向感なく小動きだったが、円高を受けシカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は1万9270円、大阪取引所の夜間取引終値は1万9320円と下落した。配当権利落ちの影響を考慮しても週明けの東京市場では主力株中心に売りが先行するとみられる。

国内で「森友問題」が収束せず政治の不安定化が懸念されているほか、市場では「米国のいわゆるクレムリンゲートによる波紋が広がり、トランプ政策が進まないリスクもある。もやもやしたムードが漂いそうだ」(SMBC日興証券投資情報部部長の太田千尋氏)との声が出ている。一方、需給は悪くない。期末に向けた配当権利取りや、下がれば日銀ETF(上場投信)買いなどが入り、下値を支えると予想される。

主なスケジュールは、インターネットインフィニティー(6545.T)、力の源ホールディングス(3561.T)が東証マザーズ市場に新規上場する。海外では10―12月期米経常収支(商務省)が発表される。国内で重要な経済指標の発表は予定されていない。

*内容を追加して更新します。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      19521.59 19668.01 14864.01

-68.55 2017年3月2日 2016年6月24日

シカゴ日経平均先物6月限 19270(円建て)

河口浩一

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below