June 19, 2019 / 10:21 AM / 5 months ago

アディダスの「3本ライン」、EU裁が商標権認めず

 6月19日、独スポーツ用品大手アディダスの商品を象徴する3本のラインについて、欧州連合(EU)の一般裁判所(高裁に相当)は19日、独自性に欠けるとして商標権は無効とする判断を下した。写真はアディダスのシューズを入れた箱。4月撮影(2019年 ロイター/Denis Balibouse)

[ルクセンブルク 19日 ロイター] - 独スポーツ用品大手アディダス(ADSGn.DE)の商品を象徴する3本のラインについて、欧州連合(EU)の一般裁判所(高裁に相当)は19日、独自性に欠けるとして商標権は無効とする判断を下した。

欧州連合知的財産庁(EUIPO)は2016年に3本ラインの商標権を認めていたが、これを覆した。

アディダスは2014年、「同じ幅の3本の平行線が等間隔に配されるもので、あらゆる向きで商品に付される」と記載して3本ラインの図形商標を衣料、靴やヘッドギア向けに商標登録した。しかし、ベルギーの会社シュー・ブランディング・ヨーロッパが疑義を申し立て、10年にわたり係争を繰り広げていた。

シュー・ブランディングの2本のストライプの商標について、昨年EUの裁判所は、アディダスの3本ラインに酷似しているとして、商標権無効の判断を示している。

一般裁判所は19日、アディダスの3本ラインはパターンでなく「普通の図形のマーク」であり、色など特定の使用を考慮していないと指摘。3本ラインが、EU全域で消費者がアディダス製品だと認識できる「独特のキャラクター」になっていることを証明する必要があるとした。アディダスはこれに関して域内5カ国のデータを提出している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below