February 20, 2018 / 4:55 AM / 10 months ago

アングル:小平と李の友情、「真の平和五輪」と日韓で称賛

[江陵(韓国) 19日 ロイター] - 平昌五輪で日韓のライバル選手が、激しいレースを終えて抱き合う写真は、苦い歴史を抱える両国民の多くを感動させている。日本の安倍晋三首相も2人の友情を称賛した。

 2月19日、平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで、金メダルを獲得した日本の小平奈緒選手(右)が、地元韓国の李相花選手(左)を慰め、抱きしめる姿を捉えた写真は、苦い歴史を抱える両国民の多くを感動させている。平昌で18日撮影。提供写真(2018年 ロイター/Dan Powers-USA TODAY Sports)

日本の小平奈緒選手は、18日夜行われたスピードスケート女子500メートルで、2014年ソチ大会に続く五輪3連覇に挑んだ地元韓国の李相花(イ・サンファ)選手を抑えて金メダルを獲得した。

しかし、小平選手が韓国国旗を手に涙するライバルを慰め、抱きしめる姿を捉えた写真は、日韓両国民の心を溶かしたようだ。日本が1910─45年、朝鮮半島を統治下に置いていたという歴史から、両国関係にはしこりが今なお残っている。

「試合が終わって、2人が抱き合って祝福し合う光景は、本当に素晴らしい光景だった」。安倍首相は19日、自身初の金メダルに輝いた小平選手を祝福する電話で、同選手にこう述べた。

日本の視聴者からも、この光景に感動して涙したとのツイートが相次ぎ、「2人が抱き合うシーンは全人類が待ち望んでいたようなことだ」と記す視聴者もいた。

日本の新聞各紙も「ライバルの李選手と抱擁」などの見出しでこの光景を絶賛し、2人の友情を伝えた。

一方、韓国でも2人の写真は主要紙に大きく取り上げられ、「国境のない友情」「李選手の涙と小平選手の慰め──ライバル同士の美しいフィナーレ」といった見出しが躍った。

インターネットやソーシャルメディアでも、多くの人が真の友情とスポーツマンシップの表れだとして2人を称賛した。

「レース後、小平選手と李選手が2人でリンクを滑っているのを見て、泣きじゃくった。まさにオリンピック精神そのもののような光景だった」と、あるコメンテーターは韓国最大のインターネット検索ポータルサイト「ネイバー」でこうコメントしている。

また、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が称賛する南北関係の雪解けよりも、2人の方が本当の意味で「平和五輪」を象徴しているとたたえる人たちもいる。

文大統領は、2つのコリアを1つにし、北朝鮮のミサイル・核プログラムを巡る緊張の高まりを緩和させるのに役立つとして、平昌冬季五輪を「平和五輪」と称している。

レース後、小平選手と李選手は2人の間の深い友情と相手への尊敬について語った。自国で敗北した後に李選手が示した優しさについて、小平選手は振り返った。

「人としてもスケート選手としても、すごく尊敬ができる友達」だと李選手を称賛した。

一方の李選手も、2人がお互いの国を訪れ、自身が好きな日本食を小平選手が「たくさん」送ってくれることを明かした。

Slideshow (3 Images)

「ワールドカップに出場したとき、バスを待っている間に一緒に写真を撮ったこともあった」と李選手は記者団に語った。

「奈緒が『次のオリンピックでは、あなたが優勝して私は2位だ』と言ったので、私は彼女に『いいえ、あなたが1位で私が2位』と言った。私たちは素晴らしい思い出を共有している」と李選手は語った。

(翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below