for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米英豪の潜水艦契約を仏が非難、「バイデン氏はトランプ氏のよう」

[パリ 16日 ロイター] - フランス政府は16日、オーストラリアの潜水艦配備支援で米英豪が合意しフランスが排除されたことについて、バイデン米大統領の裏切り行為でトランプ前大統領のような振る舞いと批判した。

米国、英国、オーストラリアはインド太平洋地域における安全保障上の協力関係を構築し、米英はオーストラリアに原子力潜水艦を配備する技術と能力を提供すると発表した。オーストラリアとフランスによる400億ドル規模の潜水艦製造計画は破棄される。

ルドリアン仏外相はフランスアンフォラジオに「これは一方的で、予測不能なひどい決定だ。(前米大統領の)トランプ氏のやり方を思わせる」と指摘し「信義に反するもので非常に腹立たしい」と語った。

オーストラリアは2016年にフランスの造船会社ナバル・グループと次期潜水艦建造に関する契約を結んだが、豪政府が部品の多くを国内で調達するよう求めたことなどから問題が生じていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up