January 22, 2018 / 2:52 AM / 4 months ago

テニス=ナダル、ウォズニアッキら8強 全豪OP

[メルボルン 21日 ロイター] - テニスの四大大会第1戦、全豪オープンは21日、メルボルンで試合を行い、男子シングルス4回戦では世界ランク1位で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)がディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)を6─3、6─7、6─3、6─3で下し、通算10回目の準々決勝進出を決めた。

 1月21日、テニスの四大大会第1戦、全豪オープンはメルボルンで試合を行い、男子シングルス4回戦では世界ランク1位で第1シードのラファエル・ナダル(写真、スペイン)がディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)を6─3、6─7、6─3、6─3で下し、通算10回目の準々決勝進出を決めた(2018年 ロイター/Thomas Peter)

最終セットで7回すべてのブレークポイントをセーブし、4時間近い試合を制したナダルは「大きな大会で簡単な試合は期待できない。4時間よりは2時間で勝てたほうが良いが、大したことではない。良い試練だった」と述べた。

第3シードのグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)、第6シードのマリン・チリッチ(クロアチア)も勝ち上がった。ナダルとチリッチは準々決勝で対戦する。

女子シングルス4回戦では、第2シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、第4シードのエリナ・スビトリナ(ウクライナ)らが勝ち上がった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below