for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシアがグーグルとメタに制裁、コンテンツ削除怠り巨額の罰金

[モスクワ 24日 ロイター] - モスクワの裁判所は24日、ロシアが違法とするコンテンツの削除を繰り返し怠ったとして、米アルファベット傘下のグーグルに72億ルーブル(約9800万ドル=約112億円)の制裁金を科した。制裁金が企業の売上高に基づいて算定されたのは初めてという。

スライドショー ( 2枚の画像 )

ロシア政府は今年、巨大IT企業に対する圧力を強めている。こうした対応は、当局が個人や企業の自由を脅かすものだと批判されている。

グーグルは電子メールで、裁判所の決定内容を精査し、今後の対応を判断すると説明した。

ロシアは今年、外国IT企業に少額の制裁金を科してきた。今回は、ロシアでの年間売上高の一定割合に応じて制裁額を決めた初のケースとなり、高額なものとなった。

具体的な割合は明らかにされていないが、ロイターの算出では8%をわずかに超える額に相当する。

裁判所は24日、メタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)にも20億ルーブル(2715万ドル)の制裁金を課した。

ロシア当局によると、フェイスブックとインスタグラムは2000の、グーグルは2600の違法コンテンツ削除を怠った。

メタのコメントは得られていない。

ロシアはIT企業に対し、薬物乱用や危険な娯楽を促す内容、自作の武器・爆発物、過激派・テロリスト指定集団に関する情報の削除を命じている。

ロシアはまた、グーグルとメタなど米国を中心とした外国企業13社に対し、来年1月1日までにロシア国内での拠点設立を命令。守らなければ規制や禁止の対象になるとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up