June 22, 2018 / 3:07 AM / 3 months ago

日朝合弁10社に不正送金の疑い、金融庁が全銀行に報告命令=関係筋

[東京 22日 ロイター] - 日本と北朝鮮の合弁会社10社に不正送金の疑いがあるとして、金融庁が18日付で全ての銀行・信用金庫・信用組合に対して報告命令を出したことがわかった。複数の関係筋が明らかにした。

 6月22日、日本と北朝鮮の合弁会社10社に不正送金の疑いがあるとして、金融庁が18日付で全ての銀行・信用金庫・信用組合に対して報告命令を出したことがわかった。写真は金融庁。都内で昨年6月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

国連安全保障理事会は2017年9月、北朝鮮の団体や個人が関与した合弁会社、共同事業体の活動を禁じる決議を行った。

また、日本も北朝鮮との資金のやり取りを外国為替及び外国貿易法(外為法)により、原則として禁止している。

関係筋によると、合弁会社10社への送金は、国連の制裁決議や外為法に違反している可能性が高いという。

*内容を追加しました。

和田崇彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below