for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ツイッター、スパム対策で当局欺く 元セキュリティー責任者が告発

[23日 ロイター] - 米ツイッターがハッカーやスパム(迷惑)アカウント対策を巡り規制当局を欺いていたと、元セキュリティー責任者で著名ハッカーのピーター・ザトコ氏が内部告発したことが明らかになった。

米ツイッターがハッカーやスパム(迷惑)アカウント対策を巡り規制当局を欺いていたと、元セキュリティー責任者で著名ハッカーのピーター・ザトコ氏が内部告発した。CNNと米紙ワシントン・ポストが報じた。8月22日撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

ハッカー名「マッジ」で知られるザトコ氏は84ページに及ぶ告発状で、ツイッターが堅固なセキュリティー対策を行っているという事実とは異なる主張をしていたと訴えた。議会委員会が関連資料を公開した。ツイッターの株価は7.3%下落して取引を終えた。

告発によると、ツイッターはスパム削減よりもユーザー数の増加を優先させており、幹部は1日当たりのユーザー数の増加に連動し、最大1000万ドルの賞与を個人的に獲得していたという。

ツイッターのスパムアカウントや「ボット」と呼ばれる実態に乏しいアカウントを巡っては、同社が情報を開示しないことを理由に、米実業家、イーロン・マスク氏が440億ドルの買収契約を撤回するなど、物議を醸している。ツイッターがマスク氏を相手取り起こした訴訟の審理は10月17日から始まる予定で、マスク氏はスパムやボットアカウントに関する情報を集めている。

告発状は先月、米証券取引委員会(SEC)や司法省、連邦取引委員会(FTC)に提出され、議会委員会にも送付された。

ツイッターのパラグ・アグラワル最高経営責任者(CEO)は社員宛ての文書で「公開された編集済みの主張を精査しているが、現時点でわれわれが目にしているのは矛盾や不正確さに満ちた虚偽の話だ」と述べた。

マスク氏からコメントは得られなかったが、ツイッターにインターネットミーム(面白ネタ)や絵文字を投稿して反応。CNNは内部告発公開後、マスク氏の弁護団がザトコ氏を裁判の証人とすることを求めたと伝えた。

上院司法委員会の共和党トップ、チャック・グラスリー議員は告発状は国家安全保障上の重大な懸念やプライバシーの問題につながるもので、調査の必要があると述べた。

ザトコ氏は1月、ツイッターのセキュリティー責任者就任から約2年で退社。ツイッターの広報によると「非効果的なリーダーシップと実績不足」を理由に解雇されたという。ザトコ氏の弁護士は同氏がツイッター在籍中に一貫して情報セキュリティーの不備に関する懸念を提起していたとの文書を出した。

同氏は告発状で、2021年1月の議会議事堂襲撃事件後に就任が間近だったバイデン大統領から米国の最高情報セキュリティー責任者への就任を打診されたが、辞退したと記している。

サイバーセキュリティー企業のトップらは一様にザトコ氏への支持を表明。ザトコ氏の告発に対するツイッターの対応を嘆く声も多く聞かれた。産業用サイバーセキュリティ企業Dragosの創業者、ロバート・リー氏は「マッジがこの種の主張をしているのなら、調査に値する」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up